病棟転換型居住系施設について考える院内集会part 2

STOP! 病棟転換型居住系施設
生活をするのは普通の場所がいい

病棟転換型居住系施設について考える院内集会part 2

2014年11月13日(木)正午~午後2時
参議院議員会館 101会議室

精神科病院の中に「退院」させようというおかしさ―そのあまりの理不尽さに対し、
6月26日に日比谷野音で開かれた緊急集会には、障害当事者をはじめとする3,200人が集まりました。
それでもなぜか、精神科病棟を住まいと言い換えるための施策を強行しようとする厚生労働省。
来年度概算要求においても病棟転換型居住系施設の設置を進めることが計画されています。
病院に留め置かれ続ける精神障害のある人たち、病院の新たな収入源と目されている認知症の人たち…。
住まいは普通の場所に! 障害者・高齢者を狙う「収容ビジネス」にSTOP!!

病棟転換型居住系施設について考える院内集会 part2《プログラム(予定)》
○ はじめに「精神医療―世界の水準、日本の現実」 山本眞理(全国「精神病」者集団)
○ 基調報告「精神科病棟転換型居住系施設の問題の本質はどこにあるのか」 長谷川利夫(杏林大学教授)
○ 全国に広がる反対運動の取り組み ~全国各地からの報告~
○ 「精神科病棟転換型居住系施設」を容認した厚労省検討会の理不尽 ~最後まで反対を訴えた委員から~

★ 病棟転換型居住系施設について考える会 呼びかけ人代表 ★
池原毅和(弁護士)、伊澤雄一(全国精神障害者地域生活支援協議会)、大熊一夫(ジャーナリスト)、加藤真規子(こらーるたいとう)、関口明彦(全国「精神病」者集団)、高木俊介(たかぎクリニック)、西村直(きょうされん)、長谷川利夫(杏林大学)、増田一世(やどかり出版)、八尋光秀(弁護士)、山田昭義(DPI日本会議)、山本深雪(大阪精神医療人権センター・大阪精神障害者連絡会)、渡邊乾(全国精神医療労働組合協議会)?

(裏面)

●ご存知ですか
* 世界の5分の1の精神科病床が日本にあることを!
(世界の精神科病床は185万床,そのうち日本の精神科病床は35万床)
* 先進諸国の精神科在院日数は20日前後,日本では1年以上の長期入院者が20万人以上!
* 少ない医療従事者の配置.医師の配置基準は一般医療の3分の1
* すでに、精神科病院に入院している認知症の人は5万3千人にものぼり、さらに増え続けています!

●ぜひ、ご参加ください!
作りすぎた精神科病棟(病床)を住まいや福祉施設に転換する動きが止まりません。それは「社会的入院」の解決ではないばかりか、「社会的入所」の促進そのものです。
増税された消費税で904億円の基金(新たな財政支援制度)が設けられ、その対象事業の中の「病床の機能分化・連携―精神科長期療養患者の地域移行」を謳いつつ、医療機関の病床転換の費用が想定されています。
さらに、来年度の概算要求においては、「長期入院精神障害者」の名目にした病棟転換型居住系施設の設置を進めることを含む新たな事業の実施が図られようとしています。
本集会では、精神科病棟転換型居住系施設のどこに問題があるのかを明らかにするとともに、全国各地に広がる反対運動の報告、そして、障害があって高齢になっても、当たり前に地域の中で暮らし続けていけるために必要とされる制度、施策のあるべき姿を考えていきます。

●11・13 病棟転換型居住系施設について考える院内集会part2
《日時》2014年11月13日(木)正午~午後2時(受付:午前11時30分より)
《会場》参議院議員会館・101会議室
【最寄り駅】東京メトロ(地下鉄)丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」、有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」

★入場者数に制限があるため事前の申し込みをお願いします。【申込み先E-mail/hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp 】
★当日は、参議院議員会館1Fロビーにおいて、11時30分より、通行証をお渡しします。
★ 手話通訳付きです

●病棟転換型居住系施設について考える会
《連絡先》長谷川利夫(杏林大学保健学部作業療法学科教授)
〒192-8508 東京都八王子市宮下町476 杏林大学 保健学部 精神障害作業療法学研究室内
TEL.042-691-0011(内線4534) 〔携帯電話〕090-4616-5521
E-mail hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp
http://blog.goo.ne.jp/tenkansisetu/e/b931c4c43743a97895930cd4296a4a48

PDFファイルこちらからダウンロード11.13 院内集会案内vr.2

11.13 院内集会案内vr.2_ページ_1

11.13 院内集会案内vr.2_ページ_2

緊急院内集会 第2弾 生活保護の引き下げに正義はあるのか!?

政府は、1月29日、生活保護費を6.5%大幅削減する平成25年度予算案を取りまとめました。この案は、生活保護基準を「10%カット(最大)」という結論を導くために、専門家による社会保障審議会の生活保護基準部会の報告書では触れてさえいない「デフレ論」を持ち出した極めて恣意的なものです。 また、政府は、批判の高まりを受けて、就学援助等の他制度への波及を回避するといい始めています。しかし、生活保護基準がナショナル・ミニマムである以上、そのようなことができるはずがなく、批判をかわすための「まやかし」に過ぎません。 はたして、このような生活保護の引き下げが許されるのでしょうか。
影響をうける当事者の方々の声を聞きながら、一緒に考えませんか。


開催概要 【日 時】 2013年2月19日(火)12:00~13:30
【場 所】 衆議院第1議員会館 多目的ホール
【プログラム】  ■ 基調報告 「平成25年度予算案の問題点」 小久保 哲郎(弁護士)

         ■ 特別報告 「就学援助から見た子どもの世界に広がる格差と貧困」   

        青砥 恭さん (NPO法人さいたまユースサポートネット代表・明治大学講師)

        ■ 影響をうける当事者の方々の声

【司会進行】雨宮処凛(作家)       稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)

一般参加の方へ・おことわりとお願い  

 ・一般参加の方は11:45から上記1階ロビーで通行証を配布します。

 ・定員は300名です。用意した通行証がなくなった場合、中に入れません。

 ・多くの方に参加していただくため、会場は椅子席のみとさせていただきます。  

 ・おそれいりますが、あらかじめ、ご了承下さい。運営にご協力願います。


【主催】「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション http://nationalminimum.xrea.jp/

緊急院内集会「生活保護の引き下げは何をもたらすのか」

生活保護基準引き下げの流れが鮮明になってきています。
今年年1月18日、厚生労働省の社会保障審議会・生活保護基準部会は報告書を発表。子どものいる世帯や20~50代の単身世帯などにおいて、一般低所得世帯(最も所得の低い10%の層)の消費実態が 生活保護基準を下回るという検証結果を示しました。  この報告書を受けて、田村憲久厚労相は生活保護基準の引き下げ方針を明言しています。
しかし、生活保護基準部会の報告書には、「今般、生活扶助基準の見直しを具体的に検討する際には、現在生活保護を受給している世帯及び一般低所得世帯、とりわけ貧困の世代間連鎖を防止する観点から、子どものいる世帯への影響にも配慮する必要がある。」という文言も盛り込まれており、安易な引き下げに警鐘を鳴らしています。
この検証結果を機械的にあてはめると、「夫婦と子ども2人の世帯」では14.2%も生活保護基準が引き下げられることになり、生活保護世帯の子どもたちが最も深刻な影響を受けることが懸念されています。  また、生活保護基準は就学援助など他の貧困対策の基準とも連動しているため、基準引き下げは社会保障水準全体の引き下げに直結します。    果たして、下位10%の一般低所得世帯の消費実態との比較という手法は妥当なのか。  引き下げにより、生活保護世帯や低所得世帯全体にどのような影響があるのか。
当事者の方々の声を聞きながら、一緒に考えませんか。  ぜひ、ご参集ください。


開催概要 【日時】 2013年2月1日(金)12:00~14:00
【場所】  衆議院第1議員会館 多目的ホール
※ 一般参加の方は11時45分から上記会館1階ロビーで通行証を配布します。
【プログラム】
(敬称略)
■ 基調講演   「生活保護基準部会報告書を検証する」 吉永純(花園大学)
■ 特別報告   「生活保護基準と子どもの貧困」       山野良一(千葉明徳短期大学、元・児童福祉司)
■「福祉事務所から見た生活保護制度の『見直し』」       田川英信(元ケースワーカー)
■ 生活保護利用当事者の方々の声
司会進行  雨宮処凛(作家)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
【主催】「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション

第2回死刑映画週間「罪と罰と赦しと」

日程 2013年2月2日(土)~8日(金)
      場所 ユーロスペース 東京都渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS 3F

      詳しくは「死刑廃止チャンネル」の死刑映画週間2のチラシをご覧ください。
表(上映作品)
 http://www.forum90.net/news/ibent/photo/shikeimovie01.jpg
裏(上映スケジュール)
http://www.forum90.net/news/ibent/photo/shikeimovie02.jpg
      (画像をクリックすると大きくなります。)
 上映予定作品
      「死刑台のエレベーター」
      監督=ルイ・マル
      1958年/フランス映画/91分/音楽:マイルス・
      デイビス
      出演:ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ
      【内容】不倫関係にある社長夫人と社長の右腕的部下が社長殺害の完全
      犯罪を企み実行するが、それが思わぬ破綻を招く。死刑という刑罰がま
      だ存在したフランスで起こったサスペンスをマイルス・デイビスの即興
      演奏が彩っていく。

      「真昼の暗黒」
      監督=今井正
      1956年/現代プロダクション/112分/脚本:橋
      本忍
      出演:草薙幸二郎、左幸子
      【内容】「まだ最高裁がある!」というあまりにも有名なせりふ
      で終わる八海事件を描いた作品。。一、二審死刑判決を受けた阿藤周平
      が雪冤を晴らすまで18年の歳月がかかった。その年の映画各賞の
      ベストワンを総なめした。

      「少年死刑囚」
      監督=吉村廉
      1955年/日活/104分/原作:中山義秀
      出演:田中絹代、牧真介
      【内容】58年ぶりの東京上映。世の中から生きる術を教えられ
      ず、18年の短い生涯を、終戦前後の混乱期のなかで、必死で生き
      ようとした少年。人をあやめ少年死刑囚となった彼は獄中でどう変わる
      か。死刑と無期を問う秀作。

      「ハーモニー」
      監督:カン・テギュ
      2010年/韓国映画/115分/出演:キム・ユンジン
      【内容】様々な事情を抱えた女たちが集まるチョンジュ女子刑務所。合
      唱団を結成した受刑者たち。歌の力で奇跡を次々と起こしていくが、兇
      悪事件頻発を背景として、死刑囚へ執行の危険が迫る。

      「略称・連続射殺魔」ニコニコ動画
      監督=足立正生
      1969年/日本映画/86分/製作:佐々木守、松田
      政男
      【内容】当時・連続射殺魔と呼ばれた永山則夫の足跡を忠実に追って、
      日本列島をロケ撮影して回ったドキュメンタリー。カメラは永山が眺め
      たであろう風景を撮り続ける。

      「再生の朝」
      監督=ウ・ジエ
      2009年/中国映画/98分/出演:ニー・ターホ
      ン、チー・ダオ
      【内容】車2台の盗難事件を起こした貧しい青年チウ。これは
      97年以前の刑法では極刑の事案だ。腎臓を患っている資産家は、自分に
      適合するチウの臓器を得ようと、執行を早めるよう金をちらつかせる。

      「ヘブンズストーリー」公式サイト
      監督=瀬々敬久
      2010年/ヘブンズプロジェクト/278分/出演:
      忍成修吾、山崎ハコ
      【内容】21世紀の『罪と罰』と題し、「普通の人が殺す、殺され
      る」をテーマに日常から、突如殺人事件に直面した人たちの人生が複雑
      に絡み合って描かれる。世界が悲しみで壊れてしまう前に。

      「死刑弁護人」公式サイト
      監督=斉藤潤一
      2012年/東海テレビ/97分
      【内容】安田好弘は、“悪魔の弁護人”と呼ばれようとも、依頼人を背
      負い続ける。裁判は、犯罪を抑止するために、材料を洗い出す場でもあ
      るはずだ。安田の生き様から映し出されるのは、この国の司法のありよ
      うだ。

      「第一の敵」
      監督=ホルヘ・サンヒネス
      1974年/ボリビア映画/110分/制作=亡命先の
      ペルーで、ボリビア・ウカマウ
      集団/出演=ペルー高地の先住民族農民たち
      【内容】1960年代アンデスでの実話に基づく、先住民貧農とゲリ
      ラの反地主共同闘争を描く。人民裁判で地主に死刑を宣し、処刑した農
      民たちの顔に浮かぶ表情は何を物語るか。

愛知障害フォーラム(ADF)障害者制度改革に関する地域フォーラム「障害者差別禁止法(仮称)の制定に向けて!」

障害者権利条約は、2006年12月に第61回国連総会で採択され、わが国も2007年9月に署名しました。この障害者権利条約を批准するため、既に障害者基本法が改正されました。そして、平成25年の通常国会に「障害者差別禁止法(仮称)」の法案が、提出される予定となっています。

「障害者差別禁止法(仮称)」法案化に向けては、内閣府障害者政策委員会差別禁止部会が9月14日にまとめられた「障害を理由とする差別の禁止に関する法制」についての意見を尊重した法案が望まれます。

この一連の障害者制度改革の内容が障害当事者と家族にとって、この国に生きていてよかったと実感できるものとなるかどうか、また同時に、国連の権利条約を遵守する国であるかどうかが国内的にも国際的にも鋭く問われている問題であります。

今回、条約批准に向けた制度改革や障害者差別禁止法(仮称)等の内容を障害当事者、家族及び関係者に周知、議論するシンポジウムを内閣府障害者政策委員会委員長 石川 准 氏をお招きして開催いたします。

障害当事者、家族、支援者のみならず多くのみなさまにご参加いただきたいと思います。

 

日 時:平成 2516 (土)

13時30分 ~ 16時30分 (開場:13時)

【内容】

「条約批准にむけた制度改革と障害者差別禁止法(仮称)」

講師:石川(いしかわ) 准(じゅん) 氏

(内閣府障害者政策委員会委員長・静岡県立大学国際関係学部教授)

・対 談「障害者差別禁止条例制定に向けた今後の活動」

石川(いしかわ) 准(じゅん) 氏 

佐藤(さとう) 聡(さとし) 氏

(障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動実行委員会)

         ・質疑応答

○場 所:名古屋市 鯱城ホール(名古屋市中区栄一丁目23番13号)

伏見ライフプラザ5階

地図はこちら

○定 員:500名

○参加費:無料

・※要約筆記・手話通訳・磁気誘導ループ・点字資料有

主 催:愛知障害フォーラム(ADF)

独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

後 援:愛知県

 

皆様、お誘い合わせの上、公共交通機関を利用して、ご参加下さい。

参加申込用紙に必要事項を明記し、FAXまたは郵送、Eメールで下記までお申し込み下さい。

                        申し込み・問い合わせ先

愛知障害フォーラム(ADF)

(事務局)AJU自立の家・愛知県重度障害者団体連絡協議会

 TEL 052-841-5554  FAX 052-841-2221

〒466-0037 名古屋市昭和区恵方町2-15

Eメール:aijuren@aju-cil.com

お申込みFAX番号:052-841-2221

   氏名:

所属団体:                 役職:

連絡先:

Eメールアドレス:

点字資料が必要な方は□にチェックして下さい  □(必要)

             視覚障害者の方で事前にテキストデータを希望される方は□にチェックして下さい  □(必要)