どうなる? 日本の医療

いつ 10月26日 13時会場 13時半開始
どこで 小平中央公民館 学習室4
お話 上林茂暢さん
   前龍谷大学教授 医学博士
日本の医療は国民皆保険のもとで誰でもどこでも受信できるという体制をとっている点で世界一と評価されている。
だが、少子高齢化が進み、世界最大の財政赤字を持ち、しかも医療技術の進歩が続く中でこの体制がいつまで維持できるだろうか
40年間、医療技術史を研究してきた上林の目に日本の医療の将来はどう映るだろうか、
そして明日の健康を守っていくために、私たちは何をすればいいのだろうか

主催 国立武蔵病院(精神)強制隔離入院施設問題を考える会 
小平市学園西町1-22-25-1F 市民こだいら内
精神障害者の自立を考える会 
tel/ fax 042-348-1127