2015/03/20 密告・盗聴反対!なくせ冤罪3・20集会(東京・文京)

法制審答申にもとづく、刑事司法改悪反対!
冤罪を生まない司法の実現を!
密告・盗聴反対!なくせ冤罪3・20集会

■3/20(金)午後6時開場 6時半開始~9時終了
■文京区民センター3A
地図は以下
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
■主催/密告・盗聴反対!なくせ冤罪3 . 2 0 集会実行委員会
 連絡先: 櫻井司法研究所〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル505
号室 TEL080-6550-4669 FAX03-6278-9798

プログラム
 主催者挨拶 今井恭平氏
 基調報告 法制審答申をどうみるか ~取調べの録音録画、日本型司法取引、盗聴法大改
悪など 小池振一郎氏(弁護士)
 特別報告 盗聴法改悪による盗聴法の質的転換とその問題点 足立昌勝氏(関東学院大
学名誉教授)
 冤罪リレートーク 袴田 巖氏(予定)、袴田秀子氏、西嶋勝彦弁護士(袴田事件弁護
団長)、桜井昌司氏(布川事件国賠原告)、他、冤罪被害者など出演交渉中

<共同スローガン>
●取調べの可視化(録音・録画)を全事件・全過程で実現しよう
●証拠は真実を明らかにするための公共財産。全事件の全証拠を開示する制度を作ろう
●盗聴法の大改悪に反対しよう
●冤罪を拡大する日本型司法取引(密告奨励)制度の新設に反対しよう
●冤罪を生まない刑事司法の改革を実現しよう

1月26日に招集され、現在審議中の第189通常国会には、昨年9月の法制審答申にも
とづく刑事司法関連の法案が提出されます。(刑訴法・盗聴法の「改正」司法取引導入な
ど)
 もともとこの法制審は、足利事件、布川事件、東電OL事件や袴田事件など重大な冤罪が
明らかになり、また厚労省郵便不正事件での検察官による証拠(フロッピー)改ざんなど
が発覚する中で、冤罪を生まない司法への制度改革を企図し、「取調べの可視化(録音・
録画)」の導入などを図るためのものでした。
 しかし答申は、逆に警察・検察の捜査権限強化・拡大に走り、取調べ可視化や証拠開示
などを骨抜きにして、冤罪の温床を温存・助長するものとなっています。私たちは、この
法改正に対して次のような<共同スローガン>を掲げ、市民と法律家の力を合わせて、よ
り良い司法制度を求め、集会を行います。多くのみなさまのご賛同・ご参加を呼びかけま
す。

※集会の運営は、趣旨に賛同下さる方たちからのカンパでまかなっています。口座名義が
個人名となっていますが、3.20集会実行委員会の専用口座です。
【カンパの振込口座】
●郵便振替 記号番号00260-7-54803
●ゆうちょ銀行 029(ゼロニキュウ)店 当座番号 0054803
 いずれも口座名義は 土屋 翼(ツチヤ タスク)

3.5学習討論会 盗聴拡大 ・ 司 法 取 引 導 入 など の 改 悪 法 案 成 立 を 許 す な !

盗 聴 法 も共 謀 罪 も秘 密 法 もいらない!
3.5学習討論会 盗聴拡大 ・ 司 法 取 引 導 入 など の 改 悪 法 案 成 立 を 許 す な !
「警察による盗聴社会のゆくえ」
「発言や行動の全て、会って話をする人全て、そして愛情や友情の表現の全てが記録される世界になど住みたくない」〈スノーデン〉

■3月5日(木)18時30分~
■京橋プラザ区民館 2 号室
(地下鉄有楽町線新富町駅 2 番出口/都営浅草線宝町駅 A1 番出口 徒歩 5 分)
http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi-p.html

■講師:山下幸夫さん(弁護士)
資料代:500円

今通常国会に、「盗聴の拡大や司法取引導入」等と「一部捜査の可視化(2~3%)」などがセ ットになった刑事訴訟法等改悪案が、“一括法案”として上程されることが明らかになりました。
そもそもこの法案のルーツは、警察・検察によって頻発する冤罪をなくすことを目的に法制審で検討が開始されたものでした。しかし、なんと警察・検察は居直り、「捜査のためのもっと強力な“武器”を」として「盗聴拡大」や「司法取引」などを要求してきたのです。日弁連委員を含む法制審議会では、わずかの捜査可視化と引き換えにこれを認め、法務大臣への答申を経て国会上程にいたりました。私たちは、部分可視化も含めてこの法案に絶対反対です!
今回は、「盗聴」がどのように拡大されるのか?すでに現実に行われている「盗聴」の実態は? 盗聴法全面改悪と秘密法、共謀罪などが絡んだら、どんなことが起こるのか? 社会はどう変わってしまうのか?などなど、盗聴法に詳しい山下弁護士にお話を伺い、学習・討論を行ないます。みなさん、ぜひご参加ください。

主 催: 新捜査手法反対連絡会議 連絡先: 港区新橋 2-8-16 石田ビル 5F
救援連絡センター気付
Tel:03-3591-1301

2015年3月28日 盗聴法改悪阻止!共謀罪永久廃案!総決起集会・デモ

共謀罪も盗聴法も秘密法もいらない!
反「テロ」戦争・「戦争する国」反対!
盗聴法改悪阻止!共謀罪永久廃案!総決起集会・デモ
■いま世界中で排外主義に彩られた反「テロ」戦争が仕掛けられています。日本で
も安倍首相の中東演説を引金にした人質殺害事件を受け、治安戒厳態勢が取られ、戦争立法が目白押しになっています。通常国会は「戦争する国」になるのか否か、文字通り歴史的攻防の転換点です。「積極的平和主義という名の好戦国家」を共に阻止しましょう!
■今春の最大の治安立法攻撃は盗聴法全面改悪です。盗聴の対象を窃盗・ポルノなどの一般犯罪に拡大し、通信事業者の立会いをなくし、警察の盗聴し放題になりかねません。また仲間を売ることで自分の罪が減免される司法取引などの新捜査手法も導入されます。民衆の目・耳・口をふさぎ、萎縮させ、生存を脅かし、戦争に駆り立てることがその狙いです。戦争国家化の暴走とセットでの、秘密法施行、盗聴法改悪、共謀罪新設など段階を画する治安法エスカレートを何としても阻止しましょう。「戦争する国―現代版治安維持法体制」創りへの突進を「共謀罪も秘密法も盗聴法もいらない」を掲げ、広範な仲間と共に阻止しましょう。ご参加ください。
■日時:3月28日(土)13時~16時
■場所:豊島勤労福祉会館大会議室
■交通:池袋駅 西口 7分
地図はこちら
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou
講演
“現代の戦争と治安”を考える
宮本弘典さん(関東学院大教授)
■資料代500円
■デモ:16時 豊島勤福⇒17時 中池袋公園(予定)
■共同呼びかけ
破防法・組対法に反対する共同行動
共謀罪反対!国際共同署名運動
新捜査手法反対連絡会議
救援連絡センター
連絡先: 港区新橋2-8-16 石田ビル5F 救援連絡センター気付 Tel:03-3591-1301

13.28集会ビラ完成-1

院内集会 心神喪失者等医療観察法の今 施行後10年 (仮題)

心神喪失者等医療観察法が施行され今年 7 月に 10 年目を迎えようとしています。 法案審議において国会では政府は、医療と社会復帰が目的の法律、そして精神医療改革と心 神喪失者等医療観察法は車の両輪と主張しました。 しかし心神喪失者等医療観察法の入院施設では入院の長期化が問題となっており、いわば新たな社会的入院が創りだされようとしています。入院施設から退院となっても一般の精神病院 に入院という例も少なからず出てきています。 一般の精神医療においても長期入院患者の退院は進まず、また新たな社会的入院として認知症の高齢者の精神病院入院が問題となっています。 法律や医療の専門家ではない市民の目から心神喪失者等医療観察法を見つめ情報公開や取材 を通して本にまとめた浅野詠子さんを迎えて運用実態については報告をしていただくとともに 刑法学者の内田博文さんからは、再犯防止を中心とした刑事政策全般の動向についてお話して いただきます
衆議院会館ロビーで11時から入館票を配ります 入館票がないと入れません 遅れた方は受付から会議室に電話を
日時 2015年3月19日 11時半より13時15分
場所 衆議院第二議員会館 第三会議室
講師 浅野詠子 『ルポ 刑期なき収容』 筆者
医療や法律の専門家ではない市民の立場から心神喪失者等医療観察法の実態に迫る(仮題)
内田博文 (刑法学者)
再犯防止を掲げる刑事政策総体の中での医療観察法(仮題
主催
心神喪失者等医療観察法をなくす会
心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな! ネットワーク『ルポ刑期なき収容』はこちら http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-5729-0.htm
シノドスの浅野さんの記事はこちら http://synodos.jp/society/10476
心神喪失者等医療観察法ってどんな法律という方にはこちら http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fnagano.dee.cc%2Fleafsample.htm&h=iAQE5q_z7

心神喪失者等医療観察法病棟はどんなところか
利用開始前の開設時の花巻の施設写真
以下
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1053484894665512.1073741867.100000120354967&type=1&l=bb8e996491

Stop 病棟転換居住系施設 院内集会 PART 3

STOP! 精神科病棟転換型居住系施設!!
生活をするのは普通の場所がいい
病棟転換型居住系施設について考える院内集会
part3

精神障害者も
認知症の人も
隔離は嫌だ!!
日時:2015年3月3日(火) 正午~午後2時
会場:衆議院第一議員会館(1階・多目的ホール)

精神科病院の中に「退院」させようというおかしさ―そのあまりの理不尽さに対し、昨年6月26日、日比谷野音での緊急集会に、障害当事者をはじめとする3,200人が集まりました。
それでもなぜか、精神科病棟を住まいと言い換えるための施策を強行しようとする厚生労働省。
その名は「地域移行支援型ホーム」―省令改悪による病院敷地内グループホームの新設です。
また、1月27日に閣議決定された「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」では、直前まで地域包括ケア中心で議論がまとまっていた当初案が、突如として、認知症の人を精神科病院へ入院を進める精神医療関与強化へと変質しました。
病院に留め置かれ続ける精神障害のある人たち、病院の新たな収入源と目されている認知症の人たち…。
住まいは普通の場所に! 障害者・高齢者を狙う「収容ビジネス」にSTOP!!

病棟転換型居住系施設について考える院内集会 part3《プログラム(予定)》
○ 基調報告「精神科病棟転換型居住系施設の問題の本質はどこにあるのか」 長谷川利夫(杏林大学教授)
○ 特別報告「認知症の人こそ地域で」上野秀樹(内閣府障害者政策委員会委員、敦賀温泉病院医師)
○ リレートーク~精神障害、認知症の当事者、家族の声~
※ 会終了後、DVD「やればできるさ!~STOP! 精神科病棟転換型居住系施設」(40分)を上映します。
映画については以下サイトご覧ください
http://www.jdnet.gr.jp/guide/Publication/yarebadekirusa.html

病棟転換型居住系施設について考える会 呼びかけ人代表
池原毅和(弁護士)、伊澤雄一(全国精神障害者地域生活支援協議会)、大熊一夫(ジャーナリスト)、加藤真規子(こらーるたいとう)、関口明彦(全国「精神病」者集団)、高木俊介(たかぎクリニック)、西村直(きょうされん)、長谷川利夫(杏林大学)、増田一世(やどかり出版)、八尋光秀(弁護士)、平野みどり(DPI日本会議)、山本深雪(大阪精神医療人権センター・大阪精神障害者連絡会)、渡邊乾(全国精神医療労働組合協議会)

 

ご存知ですか?
* 世界の5分の1の精神科病床が日本に!
(世界の精神科病床は185万床,そのうち日本の精神科病床は35万床)
* 先進諸国の精神科在院日数は20日前後,日本では1年以上の長期入院者が20万人以上!
* 少ない医療従事者の配置.医師の配置基準は一般医療の3分の1
* 精神科病院に入院している認知症の人は5万3千人にものぼり、さらに増え続けています!

ぜひ、ご参加ください!

1月16日、国は、作りすぎた精神科病棟(病床)をグループホームに変えて退院したことにしてしまうために、障害者総合支援法に関する省令の改定が強行しました。「病院で死ぬということと、病院内の敷地にある自分の部屋で死ぬということには大きな違いがある」という発言に端を発したこの方針は、障害のある人の「死ぬ場所」を引き続き社会から隔離された場所に用意をしようという、人権を完全に無視したものです。
このような極めて問題の大きい施策に対し、障害のある人たちの声に誠実に耳を傾けたいくつかの都道府県・政令市からは、国に追従した条例の改定はしない、つまり自治体は、今後も病院敷地内グループホームの新規設置は認めない、という方針を示すところが生まれてきています。
また一方で、政府は1月27日、認知症の人の精神科病院への入院を進める精神医療関与強化の方向を含む「新オレンジプラン」を閣議決定しました。これは、世界に類を見ない莫大な数の精神病床を維持・拡大していくことを狙うものです。これでは世界最大の“精神病床大国”の解消も、「安かろう・悪かろう」の精神医療の解消もできません。日本は先進諸国と正反対の道を歩みますます乖離していってしまいます。
本集会では、精神科病棟転換型居住系施設の問題の本質を見据えながら、全国各地に広がる反対運動の報告、そして、障害があって高齢になっても、当たり前に地域の中で暮らし続けていけるために必要とされる制度、施策のあるべき姿を考えていきます。

3・3 病棟転換型居住系施設について考える院内集会part3
《日時》2015年3月3日(火)正午~午後2時(受付:午前11時30分より)
《会場》衆議院第一議員会館(1階・多目的ホール)
【最寄り駅】東京メトロ(地下鉄)
丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」

★入場者数に制限があるため事前の申し込みをお願いします。【申込み先E-mail/hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp 】
★当日は、衆議員第一議員会館1Fロビーにおいて、11時30分より、通行証をお渡しします。

病棟転換型居住系施設について考える会
《連絡先》長谷川利夫(杏林大学保健学部作業療法学科教授)
〒192-8508 東京都八王子市宮下町476
杏林大学 保健学部 精神障害作業療法学研究室内
TEL.042-691-0011(内線4534) 〔携帯電話〕090-4616-5521
E-mail hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp
ブログ⇒ http://blog.goo.ne.jp/tenkansisetu/e/b931c4c43743a97895930cd4296a4a48

びらPDFファイルは以下

3.3 院内集会案内ver.3

次のページ →