盗聴・密告・冤罪NO!緊急院内集会

盗聴・密告・冤罪NO!緊急院内集会の呼びかけ

皆様へ
山本眞理です
再度のお願い恐縮です、複数受け取られる方ご容赦を
刑事訴訟法の全面改悪で、共謀罪はすでに秘密保護法で規定されている事態です
私たちの目を耳をふさぎ、そして口をふさいで仲間の絆まで破壊する動きです

反戦運動も反原発もすべての闘いを圧殺していく動きが今完成しようとしている
と考えます

ぜひ多くの方のご参加を
ご参考までに全国「精神病」者集団の共謀罪への反対声明は以下です
こちら

DPI日本会議の反対アピール以下
こちら

(拡散・大歓迎。ぜひご参加ください。)

///////////////////////////////////////////////////////

<盗聴・密告・冤罪NO!緊急院内集会の呼びかけ>
刑訴法等改悪一括法案の論戦から見る「国会は今!」
~冤罪被害者と議員の報告

●6月16日(火)12時~13時半(11時30分開場)
●衆議院第2議員会館1階多目的会議室
(11時30分から第2議員会館入口で通行証を配布します)
【冤罪被害者は訴える】
●桜井昌司さん(布川事件・衆院法務委員会参考人)
●川畑幸夫さん(志布志事件・踏み字事件)
●藤山忠さん(志布志事件)
【国会質疑から浮かび上がった問題点】
●各党・各会派の国会議員
●足立昌勝/関東学院大学名誉教授
●米倉洋子/弁護士
◆可視化・盗聴法・司法取引の法案一体化とは?
◆法制審・諮問と答申の矛盾、可視化に逆行する法案
◆盗聴法拡大の大問題
◆司法取引の危険性

主催:盗聴・密告・冤罪NO実行委員会
東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル505 桜井司法研究所気付
TEL.080-6550-4669 FAX.03-6278-9798

冤罪促進と超監視社会化、警察・検察の焼け太りを狙う「刑事訴訟法等改悪案」
の趣旨説明が5月19日に衆院本会議で強行され、既に法務委員会での審議が本格
化しています。しかし、冤罪被害者は、同法案に“冤罪が増えこそすれ減ること
はない危険なもの”だと反対しています。抜け道だらけの部分可視化、盗聴法大
改悪と司法取引(密告奨励)など刑事司法破壊の悪法制定を許すわけにはいきま
せん。それは戦争と憲法改悪への道です。
衆院での攻防の山場が近づいています。国会内・外で連帯し、反対の声を更に大
きくし、なんとしても成立を阻止したいと思います。緊急の院内集会へのご参加
を強く訴えます。

[6・26]から1年 病棟転換を許さず、今こそ精神保健福祉法体制を問う

2015年6月26日(金)13:00~16:20
東京芸術劇場(5F)シンフォニースペース
東京都豊島区西池袋1-8-1(池袋駅西口より徒歩2分)

「STOP!精神科病棟転換型居住系施設!! 6.26緊急集会」から1年という区切りの日に、「病棟転換型居住系施設について考える会」の集会を開催します
この1年間の動きを振り返り、今後を展望する基調講演と6.26緊急集会の皆さんの発言やイタリアのトリエステの実践などを取材したDVD「やれば、できるさ!」の上映会そしてマスコミでもその問題が取り上げられた聖マリアンナ医科大学における精神保健指定医資格の不正取得事件等精神科医療のあり方、精神保健福祉法のあり方などを考えます
◆ プログラム ◆
12:30   開場
13:00~ 基調報告「6.26から1年 これまでとこれから」 長谷川利夫さん(杏林大学教授、考える会呼びかけ人代表)
13:30~ DVD「やればできるさ」上映 (上映終了後休憩)
14:30~ パネルディスカッション「今こそ問う精神保健福祉法体制~指定医資格不正取得事件をきっかけに~」
〈パネリスト〉尾木真也さん(精神障害当事者、こらーるたいとう)
中島直さん(精神科医、多摩あおば病院)
鈴木利廣さん(弁護士、「ハンセン病問題に関する検証会議の提言に基づく再発防止検討会」元委員)
〈コーディネーター〉池原毅和さん(弁護士、考える会呼びかけ人代表)
16:20   閉会

参加費:無料
定員:100名 (参加申し込み不要、当日先着順)

地図はこちら
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
※駅地下通路2b出口と直結しています。

■主催
病棟転換型居住系施設について考える会
■連絡先
長谷川利夫(杏林大学)
E-mail  hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp
携帯電話 090-4616-5521
ブログ

2015.6.26チラシ(案)4

院内集会 優生手術という人権侵害――子どもをもつことを奪われた人々の訴え

日時:2015年6月23日火曜 11時~13時
会場:参議院議員会館 101会議室(地下鉄 永田町駅、国会議事堂駅下車)
主催:優生手術に対する謝罪を求める会

日本には 1948年から96年まで、「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止 する」ことを目的とした「優生保護法」があり、障害や病気を理由に、本人の同 意を得ない不妊手術(妊娠しないようにする手術)が行なわれていました(1996 年に「母体保護法」に改定)。
17歳の時に、何も知らされないまま、優生手術の被害者の一人となった飯塚淳 子さん(仮名)は、強い憤りを抱きながら生きてこられ、その不当性を国会議員 や厚生労働省に訴え続けてきましたが、国からは謝罪の言葉もありません。そこ でこのたび、日本弁護士連合会への人権救済の申立てを行うことになりました。
この問題を広く知っていただくために、飯塚さんらとともに活動してきた「優 生手術に対する謝罪を求める会」が、集会を開催します。当日は、飯塚淳子さ ん、人権救済の申立てを担当する新里宏二弁護士、優生保護法について詳しい市 野川容孝さん(東京大学教員)ほかのお話を予定しています。
この問題をご理解して頂きたく、皆様のご参加を呼びかけます。

・会場に入るには、通行証が必要です。当日10時40分から、参議院議員会館入り 口にてスタッフが配布いたします。時間に遅れた方は、会館受付から101会議 室へ連絡を入れてもらってください。スタッフが通行証を持って、お迎えに参り ます。なお、資料準備の関係から、事前に参加お申込みを頂ければさらにありが たいです。
情報保障を必要とされる方は、6月15日(月)までに、下記あてメールでご連 絡ください。当日配布資料を、ワードのファイルで事前にお送りできます。会場 の音声情報は、スタッフが交代でノートテイク(パソコン入力または要約筆記) します。
◆院内集会に関する事前申込み
・問合わせ先: eメール ccprc79@gmail.com
fax 06-6646-3883(「グループ生殖医療と差別」女性のための街か ど相談室ここ・からサロン気付)

◆「優生手術に対する謝罪を求める会」とは・・・・・
1997年9月に発足。優生保護法のもとで強制的に不妊手術をされた被害者への謝 罪と補償を求めて、厚生省との交渉を重ねた。同年11月と99年1月に、優生手術 を受けて不本意だったと思っている人、子宮摘出をされた女性、これらの手術を 身近に知っている人からの電話を受ける「ホットライン」実施。2003年『優生保 護法が犯した罪――子どもをもつことを奪われた人々の証言』(現代書館)を編 集、出版。厚生労働大臣宛ての「強制不妊手術の実態解明と被害者への謝罪・補 償を求める要望書」署名活動も行ってきた。

◆協賛グループ
・CILたすけっと 〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1−6−1 Tel 022-248-6054 fax022-738-9501

・SOSHIREN 女(わたし)のからだから 〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-4  ローゼンハイム505ジョキ内 fax 03-5211-0099

・NPO法人 文福 〒930-0887 富山市五福3734−3 tel/fax 076-441-6106

・グループ 生殖医療と差別 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-15-2-110 女性 のための街かど相談室ここ・からサロン気付 fax 06-6646-3883

・障害者生活支援センター・てごーす 〒733−0025 広島県広島市西区小河内町 2丁目7-5 tel 082-294-4185 fax 082-294-4184

「国連・人権勧告の実現を!」-すべての人に尊厳と人権を-  第12回学習会

世界一の障害者隔離収容大国日本
各人権条約体はどう勧告したか

 日本は世界最大の精神障害者隔離収容大国

長年国連人権条約の各委員会から指摘されながら、日本の精神障害者の隔離収容実態はびくとも変わらず、むしろ強制入院の増加、屋上屋を架した医療観察法による隔離などなど自体は悪化の一途をたどっています。

私たち障害者の力でかちとった障害者権利条約の政府報告書提出も来年に迫っています。今のところ政府は、精神障害者に関しては全く守る気がないというしかないような資料を障害者政策委員会に出しています。

勧告は守る義務はないという壁をどう突破していくのか、参加した皆様とともに考えていきたいと思います。

○日時: 6月26日(金) 19:00~

○講師: 山本眞理さん(全国「精神病」者集団会員 世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク(WNUSP)理事)

○場所: スマイルなかの 4階 多目的室(中野駅北口より徒歩7分)

○資料代: 500円

主催: 「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会

連絡先: jinkenkankokujitsugen@gmail.com

Blog: http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
Twitter: https://twitter.com/unjinken

10年目の国立武蔵心神喪失者等医療観察法病棟を検証する 第18回学習会

医療観察法は国会でも反対の声が多く、03年7月に強行採決で成立させられた法です。この法は精神障害者差別を助長し、無窮限の予防拘禁を可能とする人権剥奪の法であり、私たちは国立精神・神経医療研究センター病院(武蔵病院)内での医療観察法病棟建設に反対しました。05年7月の法施行以降ばこの法の廃止を求めてきました。
た。

法施行からこの7月で10年が経過しようとしています。法の目的を当事者への「手厚い医療」『社会復帰」としています。しかし、法施行後の10年闇は、この法が精神障害者の隔離収容を目的とした法であることを実証する過程でした。入院が年々長期化し5~7年も退院できない人もいる(ガイドラインでは入院議憲18か月としている)、ある日突然呼ばれてそれまでの治療関係や地域から切断され、退院後も4割の人が地域で安定した生活ができていない、自殺者36名(13年の数字で実態は不明)、鑑定入院中にがんが見つかっても治療が行われないまま手続きが進み、病識がないから精神疾患の治療でと医療観察法病棟に入れられた人も、等々です。

池原毅和弁護士はこの10年間、武蔵病院に足を運び続けています。今回は、池原弁護士を迎え、法の10年間の運用実態を検証し、廃止に向けた今後の闘いについて共に考えていきたいと思います。ご参加を要請致します。

とき 6月14日(日) 午後1時会場 1時半開始
場所 国分寺労政会館 3階 和室第一第二
お話 池原毅和さん 地域で闘っている方

主催 国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会
■小平市学園西町1-22-15-IF市民自治こだいら内
精神障害者の自立を考える会Tel/Fax042-348-1127