2016年2月27日 学習会 日本の精神科医療、現状と問題点と展望

心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク学習会
2月27日(土曜日)13時半から

講師:氏家憲章
民間病院で45年勤務し定年退職
現在社会福祉法人うるおいの里理事長
著作『迷走する精神医療』(萌文社)

題名:「日本の精神科医療、現状と問題点と展望」

スマイル中野 第2会議室(権利主張センター中野でとっています)
開場13時10分  終了予定16時40分
資料代 500円
スマイル中野 地図  http://nakanoshakyo.com/contact_us/

医療観察法には興味があったけど、精神科医療については あまり知らなかった人に歴史や問題点を網羅的に説明すると共に、 精神科医療について考えてもらえるように企画しました。

主催 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな! ネットワーク
連絡先
東京都板橋区板橋2-44-10-203 オフィス桑気
電話 090-9240-9716
メール kyodou_21(@)yahoo.co.jp (@)を@に変えてお送りください
Fax:03-3961-0212

氏家さんのレポート
病棟転換型居住系施設などの構想が出る背景 “ 精神医療政策(隔離・収容)の行き詰まりと破綻 ”
以下からダウンロードできます

病棟転換型居住系施設などの構想が出る背景 ” 精神医療政策(隔離・収容)の行き詰まりと破綻 “

以下PDFファイル 日本の精神病院の大収容時代は医療経済として破綻 どうソフト・ランディングさせるか 病床削減を大前提として 氏家さんの報告 20151206ujiie