公開座談会 出生前診断を語る会~障がい者とお医者さん~in TOKYO

命の大切さを考える公開座談会開催のお知らせです。
テレビや新聞では出生前診断や着床前診断の報道はありますが、今一つどんなもので、自分にとってどんな影響があるのか?
など考えることが少ないかもしれません。
興味はあるけどどんな問題があるの?と感じている方、ぜひ参加してみてほしいなあと思います。以下詳細です。
公開座談会 出生前診断を語る会~障がい者とお医者さん~in TOKYO
テーマ:「出生前診断」を多くの人に知ってもらう。
パネリスト:苛原 稔先生(日本産科婦人科学会 倫理委員長)
大野 明子先生(産婦人科医 明日香医院)
神経筋疾患ネットワークメンバー
日時… 2016年7月17日(日) 13時~16時30分※受付12時~
場所… 東京仕事センター 地下2階講堂
テーマ…出生前診断について多くのみんなに知ってもらおう
内容…出生前診断って?/パネル・グループディスカッションなど
対象…出生前診断に興味がある方、どなたでも
定員…100名
参加費…無料 ※しめきり:7月1日(金)
☆情報保障の必要な方(手話通訳・PCテイク)は、必ず、事前に申し込みをしてください。手配の都合のため、6月20日(月)までにお知らせください。
お申し込みの問い合わせは以下の連絡先までお願い致します。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。
神経筋疾患ネットワーク
代表:見形信子
関東事務局:NPO法人自立生活センターくれぱす気付
tel/fax 048-840-0318/048-857-5161