「骨格提言」の完全実現を求める 10.27大フォーラム

優生思想に断固反対しヘイトクライム(差別・憎悪)を許さない
「骨格提言」の完全実現を求める 10.27大フォーラム
私たちのことを私たち抜きに決めるな

日    時 : 2016 年 10 月 27 日 ( 木 ) 12: 00~ 15: 00( 11 時 開 場 )

場     所  : 日 比 谷 野 外 大 音 楽 堂 ( 東 京 ・ 霞 ヶ 関 )

2016 年 7 月、平成にはいって最悪の事件がしょうがい者施設で起きてしまった。 神奈川県相模原市にある、しょうがい者施設「津久井やまゆり園」で 7 月 26 日、入所者らをおそい、19 人が死亡、27

人がけがをした事件がおきた。 被害に遭われた方にはご冥福をお祈りするとともに、順調な回復をお祈りいたします。

 

 

たいほされた容疑者は、「しょうがい者なんていなくなればいい」と言っている。2 月には、「しょうがい者は動物とし て生活している」、事件をおこすことで「世界経済の活性化できるかもしれない」とする手紙を衆議院議長あてに届けて いる。

私たちは、“しょうがい者は不要なもの”として切り捨てる行為、不要論をうむ社会環境を断じて許さない。この事件 は、日本が先送りしてきた様々な問題がからみあっている。

私たちが生活していると、「しょうがい者は社会の一員ではない」と言っているかのように、しょうがいを理由に、待 たされたり拒否されることがある。在宅サービスが少ないため、生活の場として施設を選ばざるをえない人が多くいるが、 その状況をほんかくてきに解決しようとしない。“社会に適応できない人”がいるとすぐに“危険人物”としてはいじょ や監視しようとするのは、おろかな発想だが、長年くりかえされてきた。今回の事件にたいしても政府・マスコミは、措 置入院の問題と決めつけている。しかも決めつけが世界と逆行することだとは伝えもせず、あたかも良いことのように述 べてしまう。人間の命に優劣をつける優生思想は、けいざい・こうりつ優先の世の中とあいまって強まりつつある。7 月 の事件は、日本社会が今までこのような問題に真剣に向き合わなかった結果でもある。

2011 年 8 月に当事者と関係者の 55 名がまとめた骨格提言は、ひとをせんびきしない福祉施策をもとめており、しょう がいのある人も自分の選ぶ場所で一般市民として、ふつうに暮らせるようにする方策が述べられている。それが市民のご ういのもと完全実現させることで、上記の問題は確実に解消できる。

10.27 大フォーラムでは、さまざまな立場の方々をお呼びして、相模原のような事件を二度と起こさないためには、ど うしたらいいのかにかんし根本から考える。そして骨格提言の完全実現には、何が必要かをあらためて考える。

先送りされてきた問題を解決するのは、私たちだ。

「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム 2016 実行委員会  
(2016 年 8 月 19 日現在/順不同)

<呼びかけ団体> 日本脳性マヒ者協会 全国青い芝の会/ピープルファーストジャパン/全国「精神病」者集団/難 病をもつ人の地域自立生活を確立する会/怒っているぞ!障害者切り捨て-全国ネットワーク/全国ピアサポート ネットワーク/兵庫県精神障害者連絡会/神奈川県障害者自立生活支援センター/自立生活センター・グッドライ フ/こらーるたいとう/スタジオ IL 文京/自立生活センター・立川/CIL くにたち援助為センター/町田ヒューマ ンネットワーク/自立生活センター・たいとう/あいえるの会/自立生活センター三田/自立生活センター北/ガ チャバンともに生きる会/鈴木敬治さんと共に移動の自由をとりもどす会/自立生活センター福岡/社会福祉法人 むく魔法陣/世田谷介助者ユニオン/基準該当事業所「新しい空」/脳性マヒ者の会一歩の会/HANDS 世田谷

【賛同を!】個人 1 口¥500   団体 1 口¥3,000    郵便振替口座  00110-0-292158    加入者名「大フォーラム実行委員会」

※  賛同金の振込みと同時に、お名前(公表の可否)と連絡先を FAX または E メールでお送りください。

FAX    03-5450-2862    /   E メール   hands@sh.rim.or.jp

 

カラーチラシ案_2_ページ_1 カラーチラシ案_2_ページ_2

 

ご賛同を呼びかけております
こちらをご覧ください

10・27大フォーラムブログ