こんどの精神保健福祉法[改正]案は絶対におかしい!! 3.24緊急院内集会

ニュース!! ダルクの当事者も参加していただけることになりました
お申込不要 当日参加大歓迎

これは精神障害がある人々への政府からのヘイトクライムです。

《報告者》
内田博文さん(神戸学院大学法学部教授・九州大学名誉教授)
富田三樹生さん(多摩あおば病院院長・日本精神神経学会法委員会委員長)
池原毅和さん(弁護士・東京アドボカシー法律事務所)
長谷川利夫さん(杏林大学教授・病棟転換型居住系施設について考える会代表呼びかけ人)
ダルク(薬物依存症者のセルフへルプグループ)当事者2名

精神障害当事者の方々にも現在依頼中です。
《コーディネーター》
加藤真規子さん(NPO精神障害者ピアサポートセンターこらーるたいとう)

日時 2017年3月24日(金)正午~午後3時(受付:午前11時30分より)
会場 参議院議員会館・101会議室(東京都千代田区永田町2-1-1)
★当日は、参議院議員会館1Fロビーにおいて、11時30分より正午まで、通行証をお渡しします。

〔主 催〕 病棟転換型居住系施設について考える会
〔連絡先〕 長谷川利夫(杏林大学教授)
E-mail/hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp
携帯電話/090-4616-5521

 

2017年2月28日に精神保健福祉法改正案は閣議決定し、上程されました。厚生労働省は「津久井やまゆり園事件」を口実に、精神保健福祉法を改悪しようとしています。この改悪案がとおったら、精神保健福祉法は治安維持法のひとつになってしまいます。精神医療に警察が介入したら、治療関係は成立しません。絶対にそんなことは許してはなりません。

精神障害がある人々に係わる法制度は、ライシャワー事件、大阪教育大学付属池田小学校児童殺傷事件などを契機に、隔離収容主義を強化してきました。その結果、精神障害がある人々は社会からますます排除されてしまいました。

その過ちを三度繰り返さないために、国会議員の方々をはじめ、マスコミの方々、そして多くの市民の方々に連帯を呼びかけさせて頂きます。

20170324チラシ案