医療観察法国賠訴訟傍聴の呼びかけ

治療の可能性のない「精神遅滞及び広汎性発達障害」との診断を受け、刑事責任を問いえないとされた方が、2年も前の事件を理由に、医療観察法に基づく鑑定入院を命じられました。これは、治療可能性を前提とする医療観察法の規定に反するとして、国家賠償訴訟を起こしました。医療観察法が、裁判官・検察官によって、事実上の「保安処分」や「懲罰」として機能しているのではないか、という疑問が沸く事件です。もうすぐ第2回期日が開かれ、国の反論が明らかになります。ぜひ、たくさんの方々に関心を持っていただき、傍聴に来ていただきたいです。

【医療観察法国賠訴訟次回期日のお知らせ】
第2回口頭弁論期日
2017年7月19日(水)10:00
東京地方裁判所615号法廷
(担当部:東京地裁民事第41部)

◇医療観察法国賠訴訟第1回口頭弁論期日のご報告

1 第1回口頭弁論期日について
精神遅滞及び広汎性発達障害という診断を受けており、医療観察法に基づく入院の必要性がないのに、鑑定入院(精神鑑定のための入院)として58日間にわたり精神科病院に収容された方(原告)が、国を被告として、慰謝料等の損害賠償を求めた事案について、2017年5月24日(水)11時30分、東京地方裁判所において、第1回口頭弁論期日が開かれました。お忙しいなか、多数の方が傍聴に駆け付けていただき、ありがとうございました。
第1回口頭弁論期日の時点では国の反論がまだ提出されていないので、第1回口頭弁論期日は、訴状などの陳述(提出)などの手続のみが行われました。第2回口頭弁論期日までに国の反論が提出される予定で、これにより争点が明らかとなり、実質的な審理が始まることになります。

2 医療観察法国賠訴訟における争点
① 検察官による審判申立の違法性
治療可能性のない者を医療観察法の手続に乗せて良いのか(医療観察法33条1項の「この法律による医療を受けさせる必要」の問題)や傷害事件発生から2年間も審判申立をせずに放置してよいのか、など。
② 裁判官による鑑定入院命令の違法性
治療可能性がなく、不処遇決定が予想される者に対して、鑑定入院命令を発して良いのか(医療観察法34条1項違反の「この法律による医療を受けさせる必要」の問題)。
③ 裁判官が鑑定入院命令を取り消さなかった不作為の違法性
④ 不処遇決定に対する補償の有無と差別の問題
医療観察法の場合には不処遇決定になっても補償がなく、刑事事件における無罪や少年事件における不処分よりも不利な取扱いがなされており、差別にあたるのではないか。

【本件に関する問合せ】
〒160-0004
東京都新宿区四谷3-2-2 TRビル7階 マザーシップ法律事務所
医療扶助・人権ネットワーク 事務局長
弁護士 内田 明
TEL 03-5367-5142
FAX 03-5367-3742

7・17横浜アピール集会

私たちは津久井やまゆり園事件を忘れない
優生思想、ヘイトクライムを許さない
7・17横浜アピール集会に参加を!
2016年7月26日、神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で奪われた19人の命を私たちは忘れません。
事件から1年が経過しようとしていますが、私たちの怒りと悲しみが絶えることはありません。
19人の犠牲者は未だ実名を明かされることもなく、一人の人生を生きた個人よりも「重度障害者」として葬られています。
加害者の発言とされる「障害者はいなくなればいい」という言葉は、私たちを苦しめ続けています。障害者権利条約に批准しても、差別解消法が施行されても、障害者に対する差別はなくならないのです。それどころか、今年2月には体外受精した受精卵の全数を検査し障害があるとされたものをあらかじめ廃棄してしまう着床前スクリーニングの臨床開始が表明され、3月には精神科の措置入院を経験した人に対して退院後支援と称して警察まで加わって監視し続けるという精神保健福祉法改悪案が国会上程されました。
障害者を差別し、選別し、隔離し、監視するという考えは、事件の加害者だけでなく、政治・社会が推し進めているのです。
精神保健福祉法改悪案に対する障害当事者の怒りは爆発し、今国会での成立を阻止しました。いかに差別され、攻撃されても、障害当事者は闘いをあきらめることはありません。
私たちは障害者である前に、人間なのです。
事件から1年となる7月、私たちは思いを共有し、闘いの決意をあらたにしたい。そして、この闘いをもっともっと拡げて、差別のない社会を全ての人たちとともにめざしていきたいと、多くの人たちに向けてのアピール集会を企画しました。
障害当事者が声をあげること それが社会を動かすことを確信して。
ぜひ、7・17横浜アピール集会(仮)にご参加・ご協力ください。
津久井やまゆり園事件を忘れない 優生思想・ヘイトクライムを許さない!
7・17横浜アピール集会(仮)
日時 2017年7月17日(月・祝)13:00~
場所 桜木町駅 ランドマークタワー口前
内容 障害当事者のアピール、パフォーマンス

「ともに生きる社会」を考える 7.26神奈川集会

日時:7月26日(水)13:00~16:30
会場:男女共同参画センター横浜(フォーラム)
(横浜市戸塚区上倉田町435-1/最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」西口 徒歩5分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加費:無料(事前申し込み制:裏面の申込方法ご参照)
障害のある19名が亡くなった津久井やまゆり園事件から半年後の、平成29年1月26日に、『津久井やまゆり園事件を考える』1.26神奈川集会を横浜で開催し、障害者や支援者等300名以上が集まり、亡くなった方々の追悼をするとともに、障害者が安心して地域で暮らすことのできる社会を作るためのアピール文を神奈川県に届けました。そして、事件から1年を迎える平成29年7月26日に、改めて亡くなった方々を追悼し、「ともに生きる社会」を考え、実現するための神奈川集会を開催いたします。
【プログラム】(予定)
13:00 開会あいさつ(実行委員長)
13:10 追悼
13:20 基調講演:岡部耕典さん(早大教授・親)
14:10 特別報告:佐瀬睦夫さん(県央福祉会)
14:30 ~休憩~追悼歌「19の軌跡」:見形信子さん
14:45 シンポジウム
・岡部さん ・佐瀬さん
・清水誠一さん(全肢連)
・岩切玄太さん(自立の魂)
・奈良崎真弓さん(本人の会)
・尾山篤史さん(本人の会)
◦コーディネーター:(調整中)
16:15 アピール文採択
16:25 閉会あいさつ

◆呼びかけ人(五十音順・敬称略)
浅野史郎、河東田博、大熊由紀子
◆呼びかけ団体(全国団体:五十音順)
全国肢体不自由児者父母の会連合会
全国自立生活センター協議会
全国「精神病者」集団
全国精神保健福祉会連合会
全国地域生活支援ネットワーク
全国手をつなぐ育成会連合会
DPI日本会議
日本グループホーム学会
ピープルファーストジャパン
◆呼びかけ団体(神奈川県団体:五十音順)
IL-NEXT
神奈川県視覚障害者福祉協会
神奈川県障害者自立生活支援センター
神奈川県聴覚障害者協会
神奈川県聴覚障害者連盟
神奈川県手をつなぐ育成会
県央福祉会
自立生活センター自立の魂~略して じりたま!~
横浜市グループホーム連絡会

(7月5日現在・一部調整中あり)

お申込み方法
このお申込み用紙をファックスいただくか、
件名を「7月26日集会申込」として、info@kilc.orgまでメールをお送りください。
【申込記載事項】
①氏名(ふりがな)②所属団体(あれば)③連絡先(電話、ファックス、メール)④車いす使用の有無 ⑤介助者の人数 ⑥情報保障の有無(手話通訳・パソコン文字通訳・点字資料・テキストデータの用意がございます)⑦その他特記事項(あれば)

<お申込みファックス用紙>
ファックス:046(247)7508 KILC 宛
氏名(ふりがな)
所属団体
連絡先 電話:      ファックス:
メール:
車いす使用 有   ・   無
介助者の人数  名
情報保障(○を) 無 ・ 手話通訳 ・ PC文字通訳
点字資料 ・ テキストデータ

その他特記事項

◆お申し込み・問合せ先:
『ともに生きる社会』を考える7.26神奈川集会実行委員会 事務局
神奈川障害者自立生活支援センター(KILC)
〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-7-6
TEL046(247)7503 / FAX046(247)7508
電子メール info@kilc.org
◆問合せ先: 自立生活センター 自立の魂 ~略して じりたま!~
TEL045(341)0869

チラシPDFは以下からダウンロード
0726集会チラシ07.05版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療観察法廃止全国集会 2017・夏

とき 2017年 7月23日 (日) 13時開場 13時半開始 16時半まで(途中休憩あり)

ところ 南部労政会館 (JR大崎駅 南改札口より 徒歩4分)
oosaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演 相模原事件を考える

富田三樹生さん(多摩あおば病院院長・日本精神神経学会法委員会委員長)

講演のほか報告やリレートークを予定

参加費:500円

*関東圏外からの精神障害当事者の参加者には、5000円の交通費補助があります

*集会の後、交流会を予定しています

 

 

私たちは医療観察法の審議中から法案反対を続け、成立後は時々のテーマで年二回の廃止を求める集会を続けています。

今年は、相模原事件や精神保健福祉法について話してほしい、と精神科医の富田三樹生さんに講演をお願いしました。

去年の全国集会の直後に相模原事件がおき、精神障害者の仲間の多くが、自分たち自身役に立たないと殺される不安と、何をするかわからない危険な人と思われる不安に襲われました。優生思想の広がりなど考えるべきことは多かったのですが、事件の「再発防止」は、今年通常国会での精神保健福祉法改悪案(措置入院退院後の対策)に収れんしてしまっています。医療観察法に続く、事件を契機にした保安処分の拡大に反対します。

集会は、精神医療のあり方などを考える機会になればと思っています。お気軽にご参加ください。

共催
●心神喪失者等医療監察法をなくす会
●認定NPO大阪精神医療人権センター
●心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
●国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会

連絡先:東京都板橋区板橋2-44-10-203ヴァンクール板橋203号 北部労法センター気付 許すな!ネットワーク

Fax:03-3961-0212