7・17横浜アピール集会

私たちは津久井やまゆり園事件を忘れない
優生思想、ヘイトクライムを許さない
7・17横浜アピール集会に参加を!
2016年7月26日、神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で奪われた19人の命を私たちは忘れません。
事件から1年が経過しようとしていますが、私たちの怒りと悲しみが絶えることはありません。
19人の犠牲者は未だ実名を明かされることもなく、一人の人生を生きた個人よりも「重度障害者」として葬られています。
加害者の発言とされる「障害者はいなくなればいい」という言葉は、私たちを苦しめ続けています。障害者権利条約に批准しても、差別解消法が施行されても、障害者に対する差別はなくならないのです。それどころか、今年2月には体外受精した受精卵の全数を検査し障害があるとされたものをあらかじめ廃棄してしまう着床前スクリーニングの臨床開始が表明され、3月には精神科の措置入院を経験した人に対して退院後支援と称して警察まで加わって監視し続けるという精神保健福祉法改悪案が国会上程されました。
障害者を差別し、選別し、隔離し、監視するという考えは、事件の加害者だけでなく、政治・社会が推し進めているのです。
精神保健福祉法改悪案に対する障害当事者の怒りは爆発し、今国会での成立を阻止しました。いかに差別され、攻撃されても、障害当事者は闘いをあきらめることはありません。
私たちは障害者である前に、人間なのです。
事件から1年となる7月、私たちは思いを共有し、闘いの決意をあらたにしたい。そして、この闘いをもっともっと拡げて、差別のない社会を全ての人たちとともにめざしていきたいと、多くの人たちに向けてのアピール集会を企画しました。
障害当事者が声をあげること それが社会を動かすことを確信して。
ぜひ、7・17横浜アピール集会(仮)にご参加・ご協力ください。
津久井やまゆり園事件を忘れない 優生思想・ヘイトクライムを許さない!
7・17横浜アピール集会(仮)
日時 2017年7月17日(月・祝)13:00~
場所 桜木町駅 ランドマークタワー口前
内容 障害当事者のアピール、パフォーマンス