全国「精神病」者集団について

全国「精神病」者集団は、「精神病」者独自の組織です

私たち全国「精神病」者集団は、1974年の「精神病」者全国交流会をきっかけとして結成された、全国の「精神病」者個人、団体の連合体です。全国「精神病」者集団は、「精神病」者独自の組織として、「精神病」者の人権回復のため、そしてこれ以上「精神病」者を殺させないために活動を続けています

したがって全国「精神病」者集団の活動の中心は救援活動で す。精神医療が「精神病」者自身のためというよりはむしろ「精神病」者への弾圧となっている現状の中で、「精神病」者にとってより利益になる精神科医や医療機関への紹介、「精神病」者の生活のための生活保護や障害年金の獲得への協力、また自分たちの運動が観念的にならないため、より地に着いたものとするために、一番苦しい状況下にある「精神病」者とこそ連帯しようと考え、刑事事件の被告となった「精神病」者、違法行為を行い獄中にある「精神病」者の救援を も行ってきました。

こうした日常的な活動に加え、「精神病」者の利益代表として様々な政治活動にも関わってきました。

  • 刑法改悪=保安処分新設に対する闘い、
  • 精神衛生実態調査粉砕闘争、
  • 精神保健福祉法撤廃闘争、
  • 皇族の移動に伴う「精神病者」弾圧に抗する闘い、
  • 拘禁四法改悪阻止闘争など、

「精神病」者の人権に関わる重要な闘争の場には常に全国「精神病」者集団の姿があります。

ビラの画像はこちら

No Title

No Description

 

Wikipediaによる全国「精神病」者集団の説明はこちら

全国「精神病」者集団

全国「精神病」者集団(ぜんこくせいしんびょうしゃしゅうだん)は、1974年に結成された、「 精神病 」者個人と団体の全国規模の連合体組織である。「精神病」者のみで運営されている。英語名はJapan National Group of Mental Disabled People。 1974年 の第1回全国精神障害者交流集会の場で結成された。以後、「精神病」者独自の組織として、救援活動、セルフヘルプ活動、社会的活動等を行っている。 「差別と排除を許さない 強制医療・入院に反対する」 「精神病」者の生命の遵守 「精神病」者の権利主張 「精神病」者総体の利益追求 助け合い、連帯し、上記目的を達成する 強制入院からの患者救援、 生活保護や 障害年金の獲得への協力、交流会の開催といったセルフヘルプ活動の他、精神衛生実態調査粉砕闘争(1983年)、「処遇困難者」専門病棟新設阻止の運動、 宇都宮病院事件を代表する悪徳病院の糾弾、 ロボトミー糾弾、 電気ショック糾弾、通信・面会の自由に向けた運動、 刑法改正草案への反対、精神衛生法(現 精神保健および精神障害者の福祉に関する法律 )の撤廃に向けた運動、心神喪失者等医療観察法の廃案闘争(2001年=2004年)、国会通過後は、心神喪失者等医療観察法の廃止運動(2005年~現在)というような社会的活動を行っている。 世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク 正会員 日本障害フォーラム オブザーバー会員 障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動 賛同団体 安楽死・尊厳死法制化を阻止する会 賛同団体 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク 会員 第1回全国精神障害者交流集会(東京) 全国「精神病」者集団の結成 第三回精神障害者総決起集会(京都) 鈴木君虐殺糾弾一周年闘争 鈴木君虐殺糾弾実行委員会発足 大阪医大に対する臼井糾弾のビラマキ 天皇行事(第30回全国植樹祭)に伴う「精神病」者の取り締まり 第4回全国「精神障害」者交流集会 鈴木國男国家賠償請求訴訟提起 鈴木君虐殺糾弾三周年闘争 鈴木國男国家賠償訴訟 第一回公判 鈴木國男国家賠償訴訟 第三回公判 鈴木國男国家賠償訴訟 第四回公判 絆3号発刊 絆4号発刊 鈴木國男国家賠償訴訟 第五回公判 鈴木國男国家賠償訴訟 第六回公判 鈴木國男国家賠償訴訟 第七回公判 鈴木國男国家賠償訴訟 第八回公判 第78回日本精神神経学会斗争 東京地裁でロボトミー裁判(第24回) 当面の活動として、赤堀闘争、反保安処分闘争、悪徳病院糾弾闘争を確認 広瀬、報徳会に対して暴力行為に対する慰謝料と日用品費の返還を求め、東京地裁に提訴 「広瀬さんの裁判を支援する会」結成 広瀬訴訟、第1回公判、第2回公判、第3回公判 赤堀政夫の冤罪が認められ釈放 広瀬訴訟、第4回公判、第5回公判、第6回公判、第7回公判、第8回公判 「処遇困難者専門病棟」新設阻止に向けた決意声明を発表 広瀬訴訟、第9回、第10回、第11回、 第12回、第13回、第14回公判 臓器移植法反対の声明「我々に生命の尊厳はない」発表 今迫る保安処分「処遇困難者専門病棟」建設を許すな5.14全国総決起集会 広瀬訴訟、第15回公判 広瀬訴訟の今後を巡る討論 広瀬死去、広瀬追悼集会を開催 広瀬訴訟、第16回、第17回、第18回、第19回、第20回、第21回公判 世界精神医療ユーザー連盟(WFPU)結成と参加。 日本精神神経学会斗争 世界精神保健連盟’93世界会議開催(千葉・幕張)への参加 広瀬訴訟、第22回、第23回、第24回、第25回公判、第1回、第2回、第3回、第4回、第5回和解交渉 全国精神障害者団体連合会結成と結成の評価を巡る議論 道下忠蔵に「アンケート個表」を焼却させる 広瀬裁判勝訴的和解裁判報告集会 声明「人格障害は排除の烙印だ 学会は人格障害概念を破棄しろ」 声明「学会は移送制度への警官出動要請を撤回しろ」 声明「学会は患者本人の利益に奉仕しろ学会は北陽病院に関する報告書を撤回しろ」 声明「本人の同意なしの電気ショックをやめろ 学会は電気ショック廃絶決議をあげろ」 声明「日本精神神経学会はマドリッド宣言およびそのガイドラインに基づき、死刑への関与拒否を表明せよ」 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁)を許すな!ネットワークの結成・参加 日本障害フォーラムの結成当初の会員 WNUSPデンマーク総会に数名出席 絆12号発刊 2006年