「骨格提言」の完全実現を求める10.27 大フォーラム 報告

2016 年10 月27 日に、「骨格提言」の完全実現を求める10・27 大フォーラムが日比谷野外音楽堂で開催されました。7 月26 日に起きた相模原の津久井やまゆり園事件を受けて、二度とこのような事件を起こさせてはならないと、全国から約600 人が集まり、幅広い立場からの発言がありました。
ご賛同・ご協力くださいました皆さんに、報告ニュースをお送りします。

【実行委員長メッセージ(要旨)】

私たちは何故骨格提言の完全実現にこだわっているかと言うと、今から11 年前の2005 年10 月31 日に衆議院本会議で自公の賛成多数により障害者自立支援法が強行採決されました。
2009 年の政権交代の後、当時の厚労大臣が私たちの目の前で謝罪し、もっとよい法律を作るので力を貸してくださいと言われました。そして「創ろう みんなの障害者総合福祉法を!」をスローガンに制度改革推進会議が立ち上がりました。私たちの仲間が制度改革推進会議に参加し、よりよい制度を作ろうとしました。そこでまとまったのが骨格提言でした。骨格提言は「私たちを抜きに私たちのことを決めるな」という合言葉で地域で暮らすことを目的にまとめ上げ、これから前へ進もうと思っていた矢先に、2012 年には民主党政権が大敗し、再び自公政権へ戻りました。そこで今までの流れが逆回転したように制度改革推進会議はなくなり、再び当事者抜きの委員会で当事者抜きの部会が発足されました。
骨格提言を実現していけば、あんな悲惨なやまゆり園のような事件は起こらなかったと思います。
だからこそ私たちは骨格提言にこだわっています。本当に生きにくくなってきたと思います。今こそ、いろいろな団体を超えて連帯していきましょう。

「骨格提言」の完全実現を求める10.27 大フォーラム実行委員長 横山晃久

【集会アピール】
障害者差別解消法が施行された今年、私たちにとってひじょうに哀しい事件が起きました。
7 月26 日未明、神奈川県相模原市にあるしょうがいしゃ施設・津久井やまゆり園で、男が侵入し、入所者19 名を死亡させ、27 名を負傷させた事件。 被害にあわれたかたのご冥福をお祈りするとともに、順調な回復をお祈りいたします。
犯人は、ことし2 月に、しょうがいしゃは社会にとって不要な存在とする手紙を衆議院議長宛に書いていたり、「彼らはいなくなればいい」と話すなど、しょうがいしゃに対するゆがんだ考えをもっていました。
私たちはこの事件に対して、怖さと怒りをおぼえています。私たちの仲間には、「自分たちもおそわれないか」、「周りの人も“しょうがいしゃはいなくなればいい”と思っているのではないか」。そして、犯人を何の根拠もなく精神障害と決めつける政府や世間に対して、「自分も危険な人物としてみられないか」と思ってしまう人が多くいます。
「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラムは、このような思いを共有し、ともに不安を乗り越えます。また、事件でふたたび浮き彫りになった社会の障害者不要論、しょうがいしゃを排除しようとするちからに対して断固反対し、しょうがいしゃが入所施設ではなく地域で暮らすことのできる環境整備を強く求めます。
この事件の根底にあるのは優生思想です。優生思想とは、人間の命に優劣をつける思想で、世界はもとより日本に昔からありました。たとえば、しょうがいしゃを保護者、施設職員がころす事件は、くりかえされていて、保護者に対する減刑嘆願・同情的報道は、減りません。つい20 年前まで、優生保護法が存在して、そのなかには不良な子孫の発生予防という条項がありました。
政府は長年、しょうがいしゃを地域で暮らせるようにすることよりも、本人の意に反してとおい施設で生活させることにちからをいれてきました。1960 年代からの経済成長期には、都市から離れた場所に入所施設をどんどん建てて、定員を満たすようにしょうがいしゃを入れてました。現在、入所施設にいる人は、精神障害で32.3 万人、知的障害で11.9 万人、身体障害で7.3 万人います。
また急速な高齢化社会により「入所施設にいれる」ということに何ら疑問を持たない世間があります。
しかし私たちは知っています。入所施設は“効率的な介護”が行われ、職員に従わなければいつ虐待がおこるかわからない状態であることを。本人の意志ではなく、家族や地域の事情と意志で入所させられることを。そして「厄介者は外へ一カ所に」という論理が、ひとびとのなかに働いているため、自治体は在宅サービスの充実や脱施設化をすすめないことを。これらに共通することは、しょうがいしゃを何もできない者、邪魔な存在とする優生思想が働いており、根底では相模原事件の犯人と同じなのです。
今日の集会で語られたように、政府は優生思想そのものを否定はせず、むしろ擁護するような政策を出しています。出生前診断で陽性だったひとの9 割が中絶をえらんでしまうのは、しょうがいじを安心して育てられる環境の整備を社会があえて放棄しているからです。障害者虐待防止法の改正議論をはじめず、学校・病院を対象外のままにしつづけることは、しょうがいしゃの人権を軽んじでいるからではないでしょうか。改正される総合支援法は、「地域でどうくらせるか」という発想ではなく、「弱者はがまんせよ」という立場にたって、地域格差や、障害の種別・程度による支援格差をひろげています。政府は相模原事件の原因である優生思想をひとことも批判していません。
それどころか厚生労働省は事件の原因を精神医療の不備にもとめ、措置入院の強化という、精神しょうがい者の社会復帰の促進とはまったく逆の方向を向いています。3年前に日本が批准した障害者権利条約にも反しています。
優生思想をもつ為政者は、どの時代にもいました。しかしすでに述べたような社会環境にあるいま、優生思想に同調する言動があちらこちらで聞かれます。
2011 年に当事者と関係者55 名がまとめた「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」は、ひとを線引きしない福祉政策を提言しており、優生思想がはいりこむよちがない社会を描いています。私たち大フォーラムは、この骨格提言を完全実現させることが、優生思想をなくすみちだと確信しています。今後とも、他の団体と広く連帯して、優生思想を根絶させる運動、骨格提言を実現させる運動をしていきます。
2016年10月27日
「骨格提言」の完全実現を求める10.27 大フォーラム 参加者一同

報告ニュース全文

大フォーラム実行委員会による厚生労働省交渉のお知らせ

緊急告知
★大フォーラム実行委員会による厚生労働省交渉のお知らせ

1.日時   9月29日(木)13時00分~
2.場所    参議院議員会館 講堂 
3.出席者   「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会、福島みずほ議員(予定)、同秘書、マスコミなど約100人
<1部>13:00~14:30
①津久井やまゆり園事件問題(冒頭に警察庁からの回答も予定)
②虐待問題
<2部>14:50~16:50
③総合支援法の改定に伴う政省令の改定
④障害者基本法と障害者総合支援法の障害者の定義の違いにより、難病者を排除している問題
⑤入院の際の重度訪問介護
⑥介護保険優先問題

◎実行委員で参加の方へ。
参議院議員会館ロビーにて、通行証をお渡しします。
13:30を過ぎてからの到着のひとは、館内受付にて講堂へ電話を入れてください。通行証を持ってお迎えにあがります。
◎実行委員以外で参加を希望されるかたへ。
HANDS世田谷までご連絡くださいませ。〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺 1-32-21 スマイルホーム豪徳寺 1F 自立生活センターHANDS 世田谷気付
TEL 03-5450-2861
FAX 03-5450-2862
E メール handsアットマークsh.rim.or.jp アットマーク を@に変えてください厚生労働省に渡した質問事項全文は以下からPDFファイルダウンロード
20160929

「 骨 格 提 言 」 の 完 全 実 現 を 求 め る 10.27 大フォーラム 賛同呼びかけ

     に   私           

~ 世 代 を 越 え て 、 声 を あ げ よ う ! ~

 

日    時 : 2016 年 10 月 27 日 ( 木 ) 12: 00~ 15: 00( 11 時 開 場 )

場     所  : 日 比 谷 野 外 大 音 楽 堂 ( 東 京 ・ 霞 ヶ 関 )

 

【 趣 旨 】

「 自 分 ら し い 生 活 を お く る 権 利 は 、 障 害 ・ 疾 患 ・ 年 齢 に 関 係 な く 、 だ れ に も あ る 」。 そ の よ う な  あ た り ま え の こ と が 日 本 で は 現 在 お お き く お び や か さ れ 、こ れ か ら 、な いが し ろ に さ れ よ う と し て い ま す 。 今 こ そ 、 声 を あ げ る 必 要 が あ り ま す 。

わ た し た ち 「『 骨 格 提 言 』 の 完 全 実 現 を 求 め る 大 フ ォ ー ラ ム 」 は 、 2 0 11 年 に 障 害 当 事 者 ・ 関 係 者 が 政 府 と と も に 作 っ た 「 障 害 者 総 合 福 祉 法 の 骨 格 に 関 す る 総 合 福 祉 部 会 の 提 言 」 の 完 全 実 現 を 求 め て い る 団 体 で す 。

骨 格 提 言 で は 、 障 害 ・ 疾 患 ・ 年 齢 で 、 人 を わ け な い 福 祉 を 求 め て い ま す 。 障 害 者 権 利 条 約 の 内 容 に 合 う も の で す 。 し か し 政 府 は 逆 に 、 障 害 ・ 疾 患 ・ 年 齢 に よ っ て 人 の 生活 を 制 限 す る こ と を し て い ま す 。

例 え ば 、 子 ど も が 出 か け る と き 等 で ヘ ル パ ー を 使 お う と し て も 月 に 十 数 時 間 し か 使 え ず 、 成 人 に な っ て も 必 要 量 が 使 え る と は 限 ら な い 。 医 師 等 か ら 一 方 的 に 「 地 域 で の 生 活 は 無 理 」 と さ れ た 人 は 、 病 院 や 施 設 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ る 。

6 5  歳 に な る 障 害 者 は 自 治 体 か ら 、 介 護 保 険 を 使 う よ う 強 く い わ れ 、 6 5  歳 以 上 で 障 害 を も っ た 人 は 、 社 会 に 参 加 す る こ と を 目 的 と す る 障 害 者 総 合 支 援 法 の 利 用 が と て もむ ず か し い 状 況 で す 。 介 護 保 険 法 で は 、 介 助 サ ー ビ ス が 細 か く わ か れ て い る た め 、 介 助 が お お く 必 要 な 人 は ど う し て も 自 分 の 生 活 を 制 限 し な け れ ば な り ま せ ん 。「 高 齢 だ か ら 仕 方 な い 」 と し 、 重 度 の 要 介 護 者 を 我 慢 さ せ る の は 、 あ ま り に ひ ど す ぎ ま す 。

財 務 省 は 昨 年 、 人 の 生 活 を 軽 ん じ て い る 状 態 に さ ら に 追 い 打 ち を か け る よ う に 、 社 会 保 障 サ ー ビ ス を お お き く 減 ら そ う と 提 案 し ま し た 。 こ れ は 、 2 0 1 6 年 に 総 合 支 援 法 、2 0 1 7 年 に 介 護 保 険 法 を 改 正 す る に あ た っ て の 、強 権 的 な メ ッ セ ー ジ で す 。昨 年 1 2 月 、社 会 保 障 審 議 会 の 障 害 者 部 会 は 、 財 務 省 の 方 針 に 従 う よ う な 報 告 書 を 出 し て い ま す 。 あ る 基 準 に よ っ て 人 の 生 活 を 制 限 す る こ と は 、 愚 策 で す 。 財 務 省 の 提 案 は 、 そ の 愚策 を お し す す め よ う と す る も の で す 。 こ の お か し さ に 対 し て 、 障 害 種 別 ・ 疾 患 名 を 越 え て 、 世 代 を 越 え て 、 声 を あ げ ま し ょ う 。

 

「 骨 格 提 言 」 の 完 全 実 現 を 求 め る 大 フ ォ ー ラ ム 2 0 1 6 実 行 委 員 会
< 呼 び か け 団 体 > ( 順 不 同 )

日 本 脳 性 マ ヒ 者 協 会   全 国 青 い 芝 の 会 / ピ ー プ ル フ ァ ー ス ト ジ ャ パ ン / 全 国 「 精 神 病 」 者 集 団 / 難 病 を も つ 人 の 地 域 自 立 生 活 を 確立 す る 会 / 怒 っ て い る ぞ ! 障 害 者 切 り 捨 て - 全 国 ネ ッ ト ワ ー ク / 全 国 ピ ア サ ポ ー ト ネッ ト ワ ー ク / 兵 庫 県 精 神 障 害 者 連 絡 会 / 神 奈 川 県 障 害 者 自 立 生 活 支 援 セ ン タ ー / 自 立 生 活 セ ン タ ー・グ ッ ド ラ イ フ / こ ら ー る た い と う / ス タ ジ オ I L 文 京 / 自 立 生 活 セ ン タ ー ・ 立 川 / C I L  く に た ち 援 助 為 セ ン タ ー / 町 田 ヒ ュ ー マ ン ネ ッ ト ワ ー ク / 自 立 生 活 セ ン タ ー ・ た い と う / あ い え る の 会 / 自 立 生 活 セ ン タ ー 三 田 / 自 立 生 活 セ ン タ ー 北 / ガ チ ャ バ ン と も に 生 き る 会 / 鈴 木 敬 治 さ ん と 共 に 移 動 の 自 由 を と り も ど す 会 / 自 立 生 活セ ン タ ー 福 岡 / 社 会 福 祉 法 人 む く     魔 法 陣 / 世 田 谷 介 助 者 ユ ニ オ ン / 基 準 該 当 事 業 所「 新 し い 空 」/ 一 歩 の 会 / 自 立 生 活 セ ン タ ー H A N D S 世 田 谷       ( 2 0 1 6 年 4 月 3 0 日 現 在 )

 

 

事 務 局 連 絡 先

〒 1 5 4 – 0 0 2 1         東 京 都 世 田 谷 区 豪 徳 寺 1 – 3 2 – 2 1 ス マ イ ル ホ ー ム 豪 徳 寺 1 F 自 立 生 活 セ ン タ ー H A N D S 世 田 谷 気 付

T E L  0 3 – 5 4 5 0 – 2 8 6 1         F A X   0 3 – 5 4 5 0 – 2 8 6 2          E メ ー ル  h a n d s (@) s h . r i m . o r . j p  (@)を@に変えてお送りください

 

【賛 同 を!】      個 人 1 口 ¥500  団 体 1 口 ¥3,000

郵 便 振 替 口 座  00110-0-292158  加 入 者 名 「大 フォーラム実 行 委 員 会 」

※  賛 同 金 の 振 込 み と 同 時 に 、下 記 申 込 書 に 記 入 し F A X ま た は 同 内 容 を E メ ー ル で お 送 り く だ さ い 。

FAX      03-5450-2862       /      E メ ー ル hands(@)sh.rim.or.jp  (@)を@に変えてお送りください

 

*  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「 骨 格 提 言 」 の 完 全 実 現 を 求 め る 10.27 大 フ ォ ー ラ ム 賛 同 申 込 書

 

・ 個 人 賛 同 ( 肩 書 き ・ 地 域 等 )                                               (                                              )

・ 団 体 賛 同

実 行 委 員 会 へ の 参 加 する団体は参加するとお書きください

 

・ ご 住 所

・ お 電 話                                                                              FAX

・ E メ ー ル

・ 賛 同 費           口                                           円

・ お 名 前 の 公 表 ( ど ち ら か に ○ を )        可     ・            不 可

しょうがいしゃを裏切る“障害者総合支援法改定案” 政府は、法案を取り下げよ!

しょうがいしゃを裏切る“障害者総合支援法改定案”
政府は、法案を取り下げよ!

3月1日、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の一部を改正する法律」(以下、法案)が閣議決定され、国会に上程されました。2014年に日本が障害者権利条約を批准したうえでの改定ですが、その内容は、しょうがいしゃばかりではなく、国会の論議さえも裏切る代物です。
2011年8月、しょうがいしゃ団体の代表が加わり作られた「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」(以下、骨格提言)は、法律として生かされるはずでした。それが、2010年1月の「障害者自立支援法違憲訴訟団」との和解内容でしたし、すべてのしょうがいしゃとの約束だったはずです。
しかし、2012年6月に成立した総合支援法は、自立支援法の焼き直しに過ぎないものでした。それでも厚生労働省は、骨格提言を「段階的に実現する」と答弁してきました。また、現行の総合支援法の附則第三条には、「政府は、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく・・・共生する社会の実現に向けて」検討する規定があります。しかし、法案は、こうした社会を実現する内容には全くなっていないのです。

●しょうがいしゃの隔離体制は変わらない
精神しょうがいしゃの入院患者数は32.3万人(うち1年以上の入院者は20万人)、知的しょうがいしゃの施設入所者は11.9万人、身体しょうがいしゃの施設入所者は7.3万人です。同居家族が高齢化したり死亡したりすると、施設や病院に入れられる状況が続いています。こうした隔離の場での虐待事件も横行しています。
こうした状況を変えなければ、権利条約の内容は実現されませんし、差別解消の出発点にさえなりません。
精神しょうがいしゃの他国にも類例を見ない長期入院については、国連やOECDからも批判を受けています。そして、法案のもとであるはずの社会保障審議会・障害者部会(以下、障害者部会)の報告書では、長期入院者の5万人が退院すると5万人がまた長期入院となる、との記載があります。審議の中では、5万人の退院者のうち1万1千人が死亡退院であり、1万9千人が転院や転科だという指摘がありました。
法案は、こうした深刻な事態を改善する施策が全く盛り込まれていません。

●骨格提言とは
上記のようなしょうがいしゃの状態を骨格提言では、「放置できない社会問題」と呼び、その解決のために予算を確保し、「地域基盤整備10か年戦略」を推し進める方針を提起しています。しょうがいしゃが地域社会でほかの市民と平等に暮らすため、本人の必要に応じた支援を作り出すことを求め、しょうがい種別間や地方自治体間の支援の格差をなくし、また、制度上の不備から支援を受けられない人が出ないようにしようというものです。
権利条約の具現化のためには、骨格提言の完全実現が必要なのです。

何が改善なのか全く不明な法案

●「支援の充実」は見せかけ
新たに障害福祉サービスのメニューに加えられる「自立生活援助」や「就労定着支援」は、現行の制度でもすでに行われているものです。前者は、現行の「地域定着支援」とどこが違うのでしょうか。後者は、現行の就労移行支援事業でも行われていることであり、また、障害者雇用促進法の“就業・生活支援センター”が行ってきた支援です。

事業所の情報公開についての条文も新設されていますが、すでに、ワムネットが行っている福祉サービス第三者評価のホームページ上の公開とどのような違いがあるのでしょうか。

●入院時の介助はどうなるのか
“重度訪問介護”利用者が入院した際に、慣れたヘルパーが介助を行うことができるようにするとの触れ込みがありましたが、法案に書かれているのは、介助を行う場所として、省令で定める場所、と記載しているだけです。閣議決定の際に厚労省から配られた資料によれば、入院時の介助の対象となるのは、障害支援区分6の人に限定しています。また、同資料によれば、ヘルパーの行う仕事は、医療関係者に適切な介助方法を伝えるだけの内容です。

●しょうがいじとその家族の支援は充実しない
「居宅訪問型児童発達支援」の新設が法案に入っていますが、これは、通所が困難な家庭に訪問して訓練を行うものです。
重度のしょうがいじのいる家族の問題として、障害者部会で議論されてきたのは、睡眠時間もまともに取れない家族の実態でした。これを解決するには、ヘルパー派遣、日中一次支援、移動介助などの充実だったはずです。

●事業所が増えないように規制する
児童福祉法改定の中に、「特定障害児通所支援」という規定を盛り込み、「放課後等デイサービス」などの事業所の増加を抑制しようとしています。大人の「特定障害者福祉サービス」と同様に、都道府県知事に事業所の総量抑制をさせようとしているのです。そのために、新たに都道府県の障害児福祉計画を作らせようとしているのです。
上述の「自立生活援助」も、“障害支援区分”の1や2の人をグループホームの対象者から除外するとの方向の中から出てきており、グループホームの増加を抑えようとする政策の一環です。

●介護保険制度に近づける政策に反対
骨格提言では、介護保険優先原則を改め、しょうがいしゃの制度か介護保険課を選択制にすることを求めてきました。しかし、今回の法案にそのことは全く反映されず、かえって介護保険に近づける政策ばかりがとられています。補装具にレンタル方式を取り入れたり、介護保険に移行したしょうがいしゃの利用料の一部払い戻し制度の導入は、そのために作られたものであると考えます。
この払い戻しに使われる予算は、総合支援法関連予算から支払われますが、その金額は政令で定めることとされています。閣議決定時の資料には、「一般高齢者との公平性」、「一定程度以上の障害支援区分」、「低所得者」、障害福祉を受けてきた年限など様々な条件が付けられており、払い戻しの対象者や金額が大きく絞り込まれることは明らかです。

●施行日を再来年4月としている意味は
政府の予定では、法案を今国会で通過させるのですが、施行は2018年4月としています。この施行時期は、“障害福祉サービス”事業所への時期報酬改定実施と重なり、前日の3月31日には高額な利用料や食費負担を軽減している経過措置の期限日となっています。財務省は、この経過措置の廃止を要求しているばかりでなく、利用料の増額、制度を利用できるしょうがいしゃを限定すること、家事援助を制度から切り離すか“地域生活支援事業”に移すこと、“障害支援区分”判定制度の改悪などを求めてきています。
総合支援法は、政省令を変化させることで、大きな制度改悪を可能とする構造をもっています。この約2年間の間に、政省令改悪が進められる恐れがあります。

私たちは、国会に上程されている法案を取り下げるよう、政府と全国会議員に要請します。そして、骨格提言を実現した法律の制定を求めます。
★私たちは、すべてのしょうがいしゃとその関係者に呼びかけます。地域社会から隔離された仲間を取り戻し、権利条約を具現化するために、骨格提言の完全実現を求めて闘うことを!

「骨格提言」の完全実現を求める
大フォーラム実行委員会
【連絡先】東京都世田谷区豪徳寺1-32-21スマイルホーム豪徳寺1F自立生活センターHANDS世田谷内 TEL 03-5450-2861 FAX 03-5450-2862

10.29 「骨格提言」の完全実現を求める 大フォーラム

◆障害者総合支援法の施行3 年後の見直しに向けた作業が進んでいます。この中で、「骨格提言」を完全に実現させる必要があります。
◆しかし現状は、介護保険の強制、病棟転換型居住系施設の容認、財務省の社会保障切捨て方針など、権利条約と「骨格提言」を踏みにじる動きがあります。
◆今こそ、いのちと権利をかけた障害者の団結した力を示そう!

日時=10 月29 日(木)
12~15 時 (開場11 時)
場所=日比谷野外音楽堂
日比谷野外音楽堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容=基調報告
障害当事者のリレートーク
各界からの連帯アピールなど
主催=「骨格提言」の完全実現を求める
大フォーラム実行委員会
〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1-32-21
スマイルホーム豪徳寺1F
自立生活センターHANDS 世田谷気付
TEL 03-5450-2861 FAX 03-5450-2862
E メール hands@sh.rim.or.jp

賛同の呼びかけは以下
http://www.jngmdp.org/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B3%95/2992

次のページ →