インクルーシブ教育と複合差別を学ぶシンポジウム

一般的意見3号と一般的意見4号の理解を深め
パラレルレポートに生かそう

障害者権利条約の締約国報告に対して、さまざまな障害者団体、人権団体がパラレルレポートを作成しています。しかし、障害者権利条約の中でも、教育(24条)と障害のある女性(6条)については、それぞれ一般的意見が出されて日が浅いこともあり、その内容の理解が十分に深まっているとは言えません。効果的なパラレルレポートを作成し、さらに、日本の状況を大きく変えていくためには、一般的意見に基づく条約の理解がとても重要になります。
今回、障害学、障害法の研究と実践において先進的な米国シラキューズ大学のアーリーン・カンター教授をお招きして、インクルーシヴ教育と障害のある女性と複合差別をテーマにしたシンポジウムを開催します。
このシンポジウムでは、障害者権利条約の求める水準と米国での研究実践を日本の状況と対比して、パラレルレポートで指摘すべきこと、日本の変わるべき将来像を明らかにしていきたいと思います。

日時  4月22日13時~17時15分
場所  上智大学2号館203号教室
日英通訳あり(日英同時通訳、英日逐次通訳)
手話通訳・文字通訳あり
参加費 2,000円
【申し込み】 ①氏名、➁メールアドレス、③「4月22日シンポ参加」と記載して、メールまたはファックス(fax:03(3816)2063、メール:aoffice@giga.ocn.ne.jp)で申し込んでください。教室の座席の都合上、定員になり次第、締め切らせていただきます。申し込みを受け付けましたら、「受付確認と参加費の振り込みのお願い」のメールを返信しますのでご確認ください。

プログラム

第1部 インクルーシヴ教育

13時~14時         障害者権利条約とインクルーシヴ教育
アーリーン・カンター教授
14時~14時30分     日本の状況とパラレルレポートで訴えるべきこと
大谷恭子弁護士
14時30分~15時     意見交換

第二部  障害のある女性と複合差別

15時15分~16時15分  障害のある女性と複合差別
アーリーン・カンター教授 (逐次通訳)
16時15分~16時45分  日本の状況とパラレルレポートで訴えるべきこと
臼井久実子さん、米津知子さん (DPI女性障害者ネットワーク)
16時45分~17時15分 意見交換

シンポジストのプロフィール
アーリーン・カンター(Arlene S kanter)
シラキューズ大学法学部教授、同大学人権法政策・障害学センター所長、障害法とインクルーシヴ教育の国際的・国内的領域にわたる研究をしている。主著は「国際法における障害者の権利の発展、慈善から人権へ」(The Development of Disability Rights under International Law: From Charity to Human Rights)、「教育の誤りを正す、法律と教育における障害学」(Righting Educational Wrongs: Disability Studies in Law and Education)、その他、インクルーシヴ教育、比較障害法、精神障害法などに関する著書多数。
大谷恭子
1974年早稲田大学法学部卒業。1978年弁護士登録。元内閣府障害者政策委員会委員。1979年、障害のある子の地域の学校への就学闘争の過程での刑事事件にかかわり、以降、どの子も地域の学校に就学できるよう、行政訴訟・交渉にかかわっている。
臼井久実子
聴覚障害者、自立生活運動に大阪で学生当時から参加。法制度の差別撤廃をめざし「障害者欠格条項をなくす会」設立を呼びかけ1999年から事務局長。「DPI女性障害者ネットワーク」に2007年から参画。編著「Q&A障害者の欠格条項」、寄稿「ジェンダー法研究第3号(特集 複合差別とジェンダー)」など。
米津知子
1948年生れ。ポリオによる歩行障害。70年代ウーマンリブ運動に参加。女性で障害者である立場から、人口政策・優生政策からの解放を考える。2007年から「DPI女性障害者ネットワーク」に参加。「母体保護法とわたしたち」(明石書店)、「ジェンダー法研究第3号(特集 複合差別とジェンダー)」などに寄稿。

骨格提言の完全実現を求める大フォーラム実行委員会 学習会

シンポジウム 骨格提言の概要と策定現場の様子
お話  古賀典夫さん (怒っているぞ!障害者切りすて全国ネットワーク)
山本眞理さん(全国「精神病」者集団会員)

障害者権利条約の基本精神である「私たち抜きに私たちのことを決めるな!」(Nothing about us without us)を踏まえた政策立案作業を経て、55 人の総合福祉部会が 2011 年 8 月にとりまとめた「障害者総合 福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言+新法の制定を目指して+」(骨格提言)の完全実現を、私 たちは求めています。だからこそ、その「骨格提言」をもっと学び、自分たちのものにしていきたいと思い、 学習会を企画しました。 古賀典夫さんからは「骨格提言」の概要を、山本眞理さんからは提言を策定した総合福祉部会の一員と して実際に見聞きした経験をお話いただきます。 秋のにつなげるためにも、学習、交流の輪を広げていきましょう。
ぜひご参加ください。

◇2018 年 3 月 21 日(水・祝)
13:30~16:30(13 時開場)
場所:宮坂区民センター2F 大会議室

※お申込は不要です直接会場へお越しください。

主催:   「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会
連絡先&問合せ
TEL  03-5450-2861(HANDS世田谷)
FAX  03-5450-2862(HANDS世田谷)
URL               http://hands.web.wox.cc/

 

市民集会:法制審で語られる「社会内処遇」を考える

市民集会:「法制審で語られる「社会内処遇」を考える」
日時:平成30年4月7日(土)13時半(13時開場)17時まで
場所:霞ヶ関駅B1出口 弁護士会館2階 クレオ(入場無料)

主催:埼玉弁護士会・千葉弁護士会
共催:日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会
講師;
内田博文 九州大学名誉教授
「日本型「社会内処遇」の本質と展開について」
水藤昌彦 山口県立大学教授
「司法と福祉の連携における課題」

ぜひ多くの人にご来場いただき、更生保護のあるべき姿について、一緒に考えたいと思います!

【現在検討されている「社会内処遇」~その問題点】
現在,少年法適用年齢引き下げの議論を発端に,法務省では,若年成人ひいては成人一般に対して,刑事手続きの様々な場面で「社会内処遇」(社会内での再犯防止措置)を受けさせるための諸制度の導入が議論されています。
起訴されない人には、従わなければ起訴するぞという威圧の元、捜査機関である検察官が定める再犯防止のための「社会内処遇」を受けさせる。
罰を受けるが刑務所には行かない人(罰金刑,執行猶予)には保護観察をつけやすくする制度を導入し,保護観察中を伴う再犯防止のための「社会内処遇」を受けさせる。
そして,この「社会内処遇」では,対象者を施設に収容し,そこを起点として指導教育を施すといった新たな措置の導入も,議論されています。
法制審で語られる「社会内処遇」は,本人の権利擁護のための福祉ではなく「措置」であり,本人の権利擁護・自立支援ではなく,社会秩序維持のための保安処分,収容主義と親和性があります。人権制約の程度が高い制度であるため,犯した行為に応じた刑罰を科する応報主義,行為責任の観点から許されうるのか,極めて問題があります。

【「社会内処遇」における措置がもたらすもの~司法福祉の変容】
現在も,福祉専門職の有志の方々と,弁護士や司法関係者が協働して,刑事手続きに乗ってしまった人の生活改善や更生支援のための取り組みが行われており,入口支援・出口支援などと呼ばれています。
これまでの「支援」と,現在導入が検討されている「社会内処遇」としての「指導」「措置」は,同じといえるのでしょうか?現在の司法福祉の取り組みが,社会内処遇としての「指導」「措置」に組み込まれたとき,「支援」は,「福祉」であり続けられるのでしょうか?

会場の皆様と一緒に考えたいと思います。


戦争と治安管理に反対するシンポジウム

9条壊憲反対!緊急事態条項新設阻止!
共謀罪も秘密法も盗聴法もいらない!
安倍の戦争・治安国家化との総対決へ
戦争と治安管理に反対するシンポジウム
□3月25日(日)13時~19時 □南部労政会館
□JR大崎駅下車3分 □前売り500円(当日600円)

○13時~15時30分:分科会
第1分科会 やめろ!改憲・戦争・大軍拡
提起者:清水雅彦さん(日本体育大教授 憲法)
コーディネーター:池田五律さん(戦争をしない!
させない!練馬アクション)
第2分科会 ぶっ飛ばせ!テロ等共謀罪・
緊急事態条項
提起者:永嶋靖久さん(大阪弁護士会)
コーディネーター:稲本誠一さん(反弾圧研究会)
第3分科会 差別・貧困―監視・排除型社会を超えて
提起者:池原毅和さん(第2東京弁護士会 医療観察法をなくす会)
コーディネーター:佐々木通武さん(破防法・組対法に反対する共同行動)

○16時~19時:全体集会
戦争・治安・改憲NO!
・司会 共謀罪反対!国際共同署名運動
共謀罪に反対する市民連絡会・関西
・主催者挨拶 足立昌勝さん(関東学院大名誉教授)
・連帯挨拶 尾澤孝司さん(日韓民衆連帯全国ネットワーク)
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
山下幸夫さん(日弁連刑事法制委員会委員長)
西山直洋さん(関西生コン支部弾圧)
講演:斎藤貴男さん(評論家)
「戦争・治安・改憲NO!
―安倍の暴走を斬る」
(『戦争のできる国へ─安倍政権の正体』『ゲンダイ・
ニッポンの真相』『国民のしつけ方』など著書多数)
・分科会報告、フリートークなど

 

戦争と治安管理に反対するシンポジウム実行委員会
東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階 救援連絡センター気付   hanchian.3zoku.com/

 

 

「国連・人権勧告の実現を!」第25固学習会 戦後日本で暮らした宋神道(ソン・シンド)さんの人生と「日韓合意」

「国連・人権勧告の実現を!」第25固学習会
ーすべての人に尊厳と人権をー

戦後日本で暮らした宋神道(ソン・シンド)さんの人生と「日韓合意」
2017年12月19日、宋神道さんが95歳で逝去されました。宋神道さんは日本軍「慰安婦」にされた朝鮮人女性で、16歳から7年間、中国の慰安所で苦しくつらい日々を過ごし、戦後日本に来られました。

1993年、日本政府に謝罪と損害賠償を求め提訴しましたが、2003年に最高裁で敗訴が確定し、やりきれない思いを抱えて宮城で生活されていました。2011年3月の東日本大震災ですべてを奪われ、東京へと移住します。

宋さんと暖かい交流を続けてきた梁澄子(ヤン・チンジャ)さんが中心となり作られた映画『オレの心は負けていない』での宋さんの姿は、ユーモアと皮肉、深い思いに溢れ、多くの人々の気持ちを強く揺さぶりました。

さて、2015年12月末、「慰安婦」問題をめぐる「日韓合意」が突知締結されましたが、それは被害者抜きの「解決」でした。日本政府が拠出した10億円も、賠償や謝罪としてのものではありません。国連の拷問委員会でも、韓国政府に合意の見直しが勧告されています。

韓国では人々の力で朴政権が倒れ、「日韓合意」の検証を経て、文大統領は「(被害者の)意志に反する合意だった」と謝罪しています。韓国政府は、国際基準に則り真実を認め、名誉と尊厳の回復、傷心を癒やす努力、自発的な謝罪などを促す新方針を発表しましたが、日本政府は「全く受け入れられない」と開き直り、メディアの多くも追随しています。

戦時性暴力の被害当事者不在の「合意」は、「合意」でも「解決」でもありません。

いま改めて、宋神道さんの人生と「日韓合意」について、梁澄子さんにお話を伺いたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしています。

日時 3月23日(金) 18:30から20:30

参加費 500円

講師 梁 澄子(ヤン・チンジャ)さん(日本軍「慰安婦』問題解決全国行動共同代表/希望のたね基金代表理事)

会場 連合会館 5階 501会議室
(千代田区神田駿河台 3-2-11)
千代回線新御茶ノ水駅.. B3出口(徒歩O分)
丸ノ内線・淡路町駅.. B3出口.. (B3出口まで徒歩5分)
都営新宿線・小川町駅.. B3出口.. (B3出口まで徒歩3分)..
JR中央線/総武線・御茶ノ水駅聖橋口(徒歩5分)..

主催「国連・人権勧告の実現をリ実行委員会目

連絡先 jinkenkankokujitsugen@gmail.com

BLog http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebookt https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
Twitter  https://twitter.com/unjinken

 

次のページ →