2012年度予算によるアウトリーチ事業を弾劾する

2011825

全国「精神病」者集団

〒164-0011 東京都中野区中央2-39-3 絆社気付

e-mail contact@jngmdp.org FAX 03-5942-7626 http://www.jngmdp.org/

厚生労働省は2012年度予算において精神保健体制によるアウトリーチ試行事業を予算化した。

これは本人の同意がない場合、医療報酬としては請求できないという理由で、医療保険以外で多職種チームによる強制的介入を行おうというものである。望んでいないのに自宅に侵入され介入されるという重大な人権侵害が税金を使って行われようとしている。いかなる根拠でこのような人権侵害が許されるのか? 憲法および国際人権法違反と断ずる。しかも恐るべきことにこのチームにはピアサポーターも位置づけられており、いわば精神障害者自身を専門職による人権侵害の手先として利用する、恐るべき精神障害者の分断である。私たち精神障害者はこうした犯罪行為に加担するいわば岡引になることを拒否する。

この試行事業は世界的に精神障害者の反対の中で強行され、しかも効果も疑わしく、死亡例も有意に多いとされている、地域での強制医療法への一里塚である。

本来すべての福祉や医療を拒否して孤立して、苦痛や困難に直面している人たちに対しては(ホームレスを含む)スエーデンスコーネで行われているような(注参照)パーソナルオンブート制度こそが求められている。これについてはすでに全国「精神病」者集団が何度も厚生労働省および関係団体にも紹介している。

スコーネのパーソナルオンブートは行政からも精神保健体制からも独立した障害者および家族団体によって運営されており、1対1のつながりを作っていく事で信頼関係を作り上げ、語り合うものであり、守秘義務があり、記録も付けないものである。もちろん精神保健体制にも行政にも個別の人について報告義務はない。こうした先進事例こそが試行事業化されるべきである。

私たち全国「精神病」者集団はこのアウトリーチ事業についてすべての都道府県が拒否すること、そしてすべての関係諸団体が拒否することを強く要請する。

アウトリーチ試行事業については

障害福祉保健関係主管課長会議 20011年2月22日資料以下11ページより

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/dl/20110630-01-05.pdf”

スエーデンスコーネのパーソナルオンブートについては以下参照

http://nagano.dee.cc”/swedensd.htm

上記声明に個人団体のご賛同をお願いしております
ご賛同いただける方は下記内容をメール・ファックス・郵送で全国「精神病」者集団までご連絡ください メール contact(@)jngmdp.org (@)を@にしておおくりください

上記声明に賛同します
お名前
肩書き もしあれば
ご連絡先 メールアドレス ファックス(もしこれらがあれば)
なければご住所

お名前と肩書きのみの公表の可否   可 あるいは不可