10年間で2倍! 精神科病院で増え続けている隔離・身体拘束について考える

10年間で2倍!
精神科病院で増え続けている隔離・身体拘束について考える
これでいいのか!!
精神医療
病棟転換型居住系施設について考える会

縛るな!!

人が人を縛る・・・
これは精神科の現場では、
「身体拘束」と呼ばれたり、
「抑制」などと言われたりもします。
その数は増え続け、遂に1万人を超え、
実に10年で2倍となりました。

今、精神科医療の現場では
何が起きているのでしょうか?
医療は進歩したと言われますが、
人が人を縛ることがどんどん増えているとは
一体どういうことなのでしょうか?
漏れ聞こえる安易な身体拘束の例。
拘束による死亡・・・
どんなに病院の建物がきれいになっても、
それを放置していていいのでしょうか?

今、精神科医療の現場で人権は守られているのか?
縛るな!!
まずは共に声を上げ、現状を変えていきましょう!

《プログラム》
基調報告
長谷川利夫さん(杏林大学教授)
リレートーク&ディスカッション
佐々木信夫さん(弁護士、日弁連高齢者・障害者権利支援センター委員)
関口明彦さん(全国「精神病」者集団)
戸田和博さん(精神障害当事者)
有我譲慶さん(認定NPO大阪精神医療人権センター・看護師)
長谷川利夫さん(杏林大学教授)
コーディネーター:増田一世さん(やどかり情報館)
集会アピール採択
日時 2016年10月25日(火)正午~午後3時(受付:午前11時30分より)
会場 衆議院第一議員会館・大会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)
★入場者数に制限があるため事前の申し込みをお願いします。【申込み先E-mail/hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp 】
★当日は、衆議院第一議員会館1Fロビーにおいて、11時30分より正午まで、通行証をお渡しします。
〔主 催〕 病棟転換型居住系施設について考える会
〔連絡先〕 長谷川利夫(杏林大学教授)  E-mail/hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp  携帯電話/090-4616-5521

20161025%e9%99%a2%e5%86%85%e9%9b%86%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%ef%bc%88%e6%a1%88%ef%bc%89ver-2

12・10 国際立憲主義の実現を! ~国連人権勧告と憲法~

12・10 国際立憲主義の実現を!
~国連人権勧告と憲法~

 

安保法制反対運動を通して、日本でも立憲主義に対する理解は深まりました。しかし戦後「平和憲法」の下でも、国際人権基準の実現には程遠いのが現実です。日本政府は「国連勧告に従う義務はなし」と閣議決定したこともあります。

「国連人権勧告の実現を!」実行委員会は、様々な人権課題に取り組む団体や個人のネットワークで、政府に国連人権勧告の履行を求めています。

国連「世界人権デー」の12月10日、「国際立憲主義の実現」を求めて集会を行います。沖縄の人権」を世界で訴えてきた島袋純教授(琉球大学)に基調講演していただきます。

この実行委員会を作る契機となった朝鮮学校差別問題や、政府間の妥協江で被害当事者の人権回復が無視されている日本軍「慰安婦」問題や相模原障害者殺傷事件で、改めて問われている障害者の人権も取り上げます。

平和憲法が実現すべき国際人権基準の現状を考え、人権課題に正面から向き合ってこなかった日本政府を、私たちの手で変えていきましょう。

☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━━ ☆

<日時>
2016年12月10日(土) 14:00~16:30(開場13:30)

<集会会場>
青山学院大学 本多記念国際会議場

東京都渋谷区渋谷4-4-25
JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

<基調講演>
島袋純教授(琉球大学)

<課題別報告>
朝鮮学校無償化問題
日本軍「慰安婦」問題
障害者の人権
日の丸・君が代
外国人労働者
福島・原発
性的少数者
婚外子差別と憲法24条・家族条項

☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━ ☆ ━━━━━━ ☆

【講師プロフィール】
島袋純。琉球大学教授。西欧諸国における自治州政府の確立を欧州連合の文脈に位置付けて把握、帰国後沖縄の自治の研究を再開し、沖縄自治研究会を設立。05年、沖縄の学術文化、地域経済の発展の基盤となる研究者とその研究を顕彰する「沖縄研究激励賞」を受賞。主な業績として、『「沖縄振興体制」を問う』(法律文化社 2014年)、『沖縄が問う日本の安全保障』(岩波書店2015年)。現在日本平和学会・日本行政学会の理事。2014年7月結成の沖縄建白書を実現し未来を拓く島ぐるみ会議に関わり、現在事務局次長及び国連部会長を務める。2013年3月沖縄国際人権法研究会を立ち上げ共同代表。

<主催>
国連・人権勧告の実現を!実行委員会
青山学院大学人権研究会

*チラシのダウンロードはこちら()からどうぞ!

E-mail:jinkenkankokujitsugen@gmail.com
URL:http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
twitter:https://twitter.com/unjinken
Tel:090-9804-4196(長谷川)

☆ …………………………………………………………………………………… ☆

「国連・人権勧告の実現を!実行委員会」では、様々な人権課題に取り組む個人や団体が、連帯して活動しています。日本社会の人権課題は、改善されるどころか、むしろ後退していると言っても過言ではありません。人権意識の向上のため、世論に訴えていくことが重要です。ぜひ実行委員会の活動にご賛同をいただき、集会へご参加いただければと思います。

★ 賛同者・賛同団体を募集しています。賛同いただける場合は、実行委員会までお知らせください。
メール jinkenkankokujitsugen@gmail.com
ファックス 03-3819-0467

★ 賛同金は一口1,000円です。団体の方はできるだけ複数口でお願いします。お振込先は次の通りです。
加入者名 国連人権勧告実現
ゆうちょ銀行から 振込口座 00100-6-264088
ゆうちょ銀行以外から  019支店 当座 0264088

なお、振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。また、当日プログラムにお名前を掲載させていただきますが、掲載を希望されない場合はその旨お知らせください。

習志野市役所での障がい者解雇事件に関する経過説明会、話し合いのご案内

今年2月習志野市役所で起きた障がい者職員の不当解雇問題について、10月に解雇撤回を求めて提訴することになりました。相模原事件が日本中に衝撃を与える中、習志野市長による「能力のない障がい者は要らない」というあまりに理不尽な不当解雇への批判、怒りの声が習志野市内だけでなく、全国に広がっています。新聞にも40回近く取り上げられ、6月議会でも9月議会でも大問題になりました。今後はビラまき、署名活動などを通じて解雇撤回を実現するまで、みなさんの力をお借りして幅広い、力強い運動に取り組んでいきたいと思います。
つきましては、来る10月11日(火)これまでの経過のご報告と、今後の運動の進め方について話し合う場を設けたいと思います。当日は担当弁護士さんも参加されます。お誘いあわせの上、ご参加くださるようお願いいたします。

日時 10月11日(火)午後6時30分から
場所 ゆうゆう館2階集会室(習志野市本大久保3丁目2−1)京成大久保から徒歩9分、(JR津田沼又は京成大久保駅南口からバスに乗って)「大久保団地」下車

yuyumap

山本眞理氏への絆社メーリングリストに関する要請文

全国「精神病」者集団が管理する絆社メーリングリストにおいて会員A氏本人から申立てがあり、全国「精神病」者集団の管理下にあるメーリングリストにおいて度を越した内容であると判断せざるを得なかったため、運営委員会として山本眞理氏に以下を求めたいと思います。

 

1.要請の趣旨

絆社メーリングリストという公共空間における意図不明の根拠のない憶測による誹謗中傷や個人の名誉を損ない兼ねないような行き過ぎた言動について速やかに会員Aが要請する「謝罪及び撤回」に2016年9月末までに応じるよう求める。

 

2.要請の理由

組織的な活動を困難せしめていること、全国「精神病」者集団が規定する原則の4番目「助け合い、連帯し、上記目的を達成する」に係る重大な問題であることから早急な改善を要すると判断したため。

 

3.事実経緯

8月17日、全国「精神病」者集団が管理する絆社メーリングリストにおいて山本眞理氏から「素行というから私が誰かを強姦したとかセクハラしたとかという話かと思った、Aさんみたいに」(絆社:2191)という投稿があった。これに対して会員Aは、8月18日付で「もう、10年以上のけんですが、私はセクハラは確かに致しましたが強姦はしておりません」(絆社:2200)と回答した。会員Aは、「大阪に転居しても引き起こした事件は?」(絆社:2207)、「あなたは大阪でも問題起こしているではないですか」(絆社:2216)と述べた。19日、会員Aは、「それからマリさんー。ML上での不適切な発言に関しては、撤回して謝罪してください。これは常識です。不適切でないというのなら根拠を示してください。当方風評被害莫大です。民事訴訟モノです。」と投稿し(絆社:2215)と「相当に怒っています。何の根拠もないのにデマをこれでもかと流しまくる山本マリ会員は、根拠を明確にできねば、会員に対する、誹謗中傷、名誉毀損の罪で、公開で裁かれて会員資格の有無もふくめて、裁かれるべきだと存じます。貴女の情報源は一体どこですか?」(絆社:2219)と出典元の公表を求めたが、山本眞理氏は、「法手続きに入ってくださいその方がはっきりしてよろしいかと思います」(絆社:2220)と出典の明示に応じなかった。その結果、会員Aは、公式の要求と称して「1・私が大阪でセクハラ、性暴力を振るったと言う事実無根の上での投稿を撤回、謝罪してください。2・事実だというなら、それに関する情報源と情報をMLでもDMでも結構ですからご開示ください」と投稿し、情報源の開示及び、撤回と謝罪を求めた(絆社:2226)。20日、山本眞理氏は「複数の情報源から聞いているということですが誰かは申し上げられません。法的手続きに入ってくださいそれから私は一切弁明もしませんので、除名手続きに入ってください」(絆社:2230)と投稿し、謝罪と撤回、情報源の開示の全てに応じなかった。21日、それを受けて会員Aは、「ありもしない大阪での性暴力の噂をMLに流布し、しかも撤回する気も謝罪する気も山本マリさんには全くないようですので、山本マリさんに運営委員会としての処分を要求いたします」(絆社:2246)と運営委員会に相談の連絡をした。これをもって8月24日・9月6日の二回、全国「精神病」者集団の運営委員会(利害関係人である会員Aは当該議案に限ってオブザーバー参加)において議論し、山本眞理氏と事実関係の確認を行ないながら、事態の収拾を図るべく全国「精神病」者集団としての正式な書面を出すことを確認した。

 

4.運営委員会の所見

メーリングリストという公共空間において強姦をしたなどと性犯罪者呼ばわりすることは個人の名誉にかかわる重大な問題と認識する。(これは事実、事実ではないに限らず問題である。)

このような内容は明らかに病者運動の議論に資するものではない。また、個人の信用をおとしめる以上の意図も汲み取ることができず、必然性のない悪意によるものであったことを疑わざるを得ない。

山本眞理氏は、強姦という性暴力の事実について信用に値するソースがあると主張しているが、その一方で会員Aは事実ではないと主張している。そのため双方に見解の一致が見られず、現時点では事実関係は不明と言わなければならない。

すると、山本眞理氏におかれては事実を裏付けるための信用に値する出典・根拠を示されたい。これについて山本眞理氏が出典・根拠を示さないのであれば事実の確認はできなかったとして処理せざるをえない。

とりわけて、会員Aのプライバシーにかかわる問題の暴露行為をおこなった片方で、根拠となる出典元についてはプライバシーを口実に匿名としてあつかうのは非対称であり矛盾した行為と言わなければならない。出典元のプライバシーに配慮するなら会員Aに対しても同様に配慮されるべきであり、会員Aのプライバシーに配慮されなかった以上は、出典元は明らかにされるべきと考える。

なお、運営委員会は大阪で強姦をした事実はないとする会員Aの必死な訴えを信じる。

今後、山本眞理氏は個人のプライバシーにかかわる発言には細心の注意を払われることを願う。

以 上

 

2016年9月25日

 

全国「精神病」者集団

〒164-0011

東京都中野区中央2―39―3絆社気付

tel 080-6004-6848(担当:桐原)

e-mail contact@jngmdp.org

11・20医療観察法廃止!全国集会

精神障害者の差別・隔離強化を打ち破ろう!

相模原市の障害者施設でとうとう起きてはならないことが起きてしまった。事件の背景にあるのは、「脳死を人の死」と定義し脳死臓器提供を可能とした改悪臓器移植法施行、「尊厳死」立法策動、出生前診断の浸透、障害者差別の助長政策等々、いまこの国を覆う優生思想-命の選別を容認する排除・抹殺思想の拡大だ。
だが厚労省はこの点には一切言及せず、事件の全体像が不明の中で精神保健の問題にすり替え、8月8日に「相模原市の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止策検討チーム」を設置し、9月14日「中間とりまとめ」を公表した。それは「秋頃を目途に再発防止対策をとりまとめる」としているが、主に精神保健福祉法の強制入院制度である措置入院が「今後の検討課題」とされ、退院後の保護観察や精神病院への通院強制等々、支援という名の強制医療・監視強化策が示唆されている。
法務省は長年の願望・保安処分新設を池田小事件を口実に精神障害者差別を利用して厚労省と一体となって医療観察法制定で達成した。私たちは、今回も相模原事件を利用して精神障害者差別を煽りながら、措置入院制度の医療観察法化が図られるのではないかとの大きな危惧を抱いている。「検討チーム」の資料には「医療観察法関係」も添付されている。
今回の集会は、医療観察法を廃止せよの声とあわせ、相模原事件を口実にした精神障害者への更なる差別・隔離・監視強化策を許さない、優生思想の克服を、との声をあげていきたい。多くの皆さんのご参加を訴えたい。
■日時:11月20日(日)13時30分~16時30分 (13時開場)
■場所:アカデミー茗台 レクリエーションホールB(1F)
東京都文京区春日2‐9‐5 茗台中学校併設
■交通: 東京メトロ茗荷谷駅 徒歩10分
都バス[都02/02乙]小石川4丁目停留所 徒歩3分
地図はこちら
■講演&ビデオ:重度知的障害/自閉の息子の自立生活~相模原事件から考える~
岡部 耕典さん(早稲田大学)
■各地域・現場からの報告など
主催:心神喪失者等医療観察法をなくす会/国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会/認定NPO大阪精神医療人権センター/心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
連絡先:東京都板橋区板橋2-44-10-203オフィス桑気付 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク/ E-mail:kyodou-21(@)yahoo.co.jp(@)を@に変えてお送りください/Fax:03-3961-0212
電話  090-9240-9716

*11月20日9時30分~11時30分 ネットワーク&なくす会総会 文京区民センター
*全国から参加の障害者の仲間には交通費の一部として5000円を負担します。受付まで申しでて下さい。

次のページ →