習志野市障害者差別解雇撤回要求署名

習志野市の障害者差別解雇事件第一回口頭弁論が開かれ、傍聴席は満杯抽選で傍聴に入れない方もいらっしゃいました。

以下は差別解雇撤回要求署名です

%e9%9a%9c%e3%81%8c%e3%81%84%e8%80%85%e8%a7%a3%e9%9b%87%e6%92%a4%e5%9b%9e%e7%bd%b2%e5%90%8d

署名用紙は以下からダウンロードできます

習志野市障害者差別解雇撤回署名PDFファイル

第18回学習会 「外国人労働者拡充」の問題について

第18回学習会 「外国人労働者拡充」の問題について

2016年11月に「技能実習制度適正化法」が成立し、外国人の在留資格に新たに「介護」を設ける「出入国管理及び難民認定法」の「改定」が行われました。実習期間も最長5年間に延長されます。

有料老人ホームからは「介護を担う人が不足しているため、外国人にすがるしかない」などの反応がありました。人手不足を安価な働き手で補い、しかも短期的に受け入れることはどのような結果をもたらすのでしょうか。本当にこの政策で外国人労働者の「労働権」が守られるのでしょうか。

国内外から「奴隷」と批判される劣悪な労働環境のもとに実習生は置かれています。時間外労働や賃金の不払いも過去最多になっているのが現状です。2014年4月に亡くなったフィリピン人男性は、2016年8月に過労死として労災が認められました。外国人労働者の「人権」は、今後きちんと保護されるのでしょうか。

そして、この問題が日本全体の労働環境にどのような影響を与えるのかも含め、自分や周囲の人たちの労働環境と重ねあわせながら、一緒に考えていきましょう。

*チラシはこちらからどうぞ!

◆講師: 竹信三恵子さん

(ジャーナリスト、和光大学教授。元朝日新聞経済部記者。2009年に貧困ジャーナリズム大賞受賞。『ルポ賃金差別』『家事労働ハラスメント』など著書多数。)

◆日時: 2017年1月26日(木) 19:00~21:00

◆会場:スマイルなかの 4階 多目的室
(中野駅北口より徒歩7分/中野区中野5-68-7)
http://www.nakanoshakyo.com/access/

◆資料代:500円

主催:「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会

連絡先(Mail): jinkenkankokujitsugen@gmail.com
Blog:      http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebook:  https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
Twitter:   https://twitter.com/unjinken

← 前のページ