「国連・人権勧告の実現を!」-すべての人に尊厳と人権を-  第12回学習会

世界一の障害者隔離収容大国日本
各人権条約体はどう勧告したか

 日本は世界最大の精神障害者隔離収容大国

長年国連人権条約の各委員会から指摘されながら、日本の精神障害者の隔離収容実態はびくとも変わらず、むしろ強制入院の増加、屋上屋を架した医療観察法による隔離などなど自体は悪化の一途をたどっています。

私たち障害者の力でかちとった障害者権利条約の政府報告書提出も来年に迫っています。今のところ政府は、精神障害者に関しては全く守る気がないというしかないような資料を障害者政策委員会に出しています。

勧告は守る義務はないという壁をどう突破していくのか、参加した皆様とともに考えていきたいと思います。

○日時: 6月26日(金) 19:00~

○講師: 山本眞理さん(全国「精神病」者集団会員 世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク(WNUSP)理事)

○場所: スマイルなかの 4階 多目的室(中野駅北口より徒歩7分)

○資料代: 500円

主催: 「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会

連絡先: jinkenkankokujitsugen@gmail.com

Blog: http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
Twitter: https://twitter.com/unjinken



コメント